2005年07月22日

Optimus Keyboard

夢のキーボードが出現しました。その名もOptimus keyboard
なんと、キートップが全て液晶で出来ているんです。

s-keyb_002.jpg ちょっと考えるだけでかなりの使い道が考えられちゃいます。

たとえば、私たちが使っているCADなんかでは、マウスでの操作もさることながら、ショートカットキーの操作加減が、使いやすさをかなり左右します。ライン一本、サークル一つを作るのに、いちいちマウスをアイコンまで持って行っては、時間がかかって駄目です。
そのためにショートカットキーのカスタマイズを自分好みにしていますから、それがキートップに表示されれば、他人でもショートカットが分り、格段に使いやすくなります。

こうやって、ソフトとハードが手を組んで、新しい製品を考えてくれると、全然作業効率が変わると思うんだけどな。
そうなってくれると嬉しいなぁと思いつつ、このキーボードが普及するのを待つとしますかね(^。^)

posted by 若旦那 at 09:44 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月20日

ブログ家系図

楽しい企画ものの話題です。

パンパでガウチョさん経由でブログ家系図を知りました。

「あなたがブログを作ったときに影響を受けたブログを教えてください」ということで、このページが充実していくと、ブログの相関図が出来上がります。なかなか面白い企画ですね。

私も早速登録させていただきました。
ただ、私には親と呼べるブログはあっても、他のブログを子供と呼べるほどの立場じゃないので、そこは空白で(^_^;)

ここ、私も最近いじくっているwikiでできていますので、他人の情報であっても、好きに編集が出来るようになっています。
そんなんで荒らされたりしないの?って思っちゃいますが、不思議と荒らされないのがWikiなんですね、、、ちょっとした掲示板やブログでも簡単に荒らされて、炎上する昨今、誰でも編集可能なwikiが荒らされないのは不思議に思います。

これってのは、よく畑の真ん中にある、無人販売所みたいなもので、「私はあなたの良心を信じますよ」的な暗黙の了解があるように思います。誰でも編集ができるということで、荒らすことは当然、そのwikiを根本から消滅させることすら可能なわけで、逆にそんな簡単にどうにでもなるものを荒らしたところで、つまらね〜ということかも知れない……。

皆さんも登録いかがですか??

posted by 若旦那 at 08:51 | 東京 🌁 | Comment(8) | TrackBack(4) | Blog Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月19日

時間の不思議

昔から不思議に思っていることがあります。それは時間。

時間って楽しいことをしていると、あっという間に進み、嫌なことをしていると、ゆっくり進みますよね。これってなぜでしょうね?

daliclock.jpg たとえば遊園地で楽しく遊んでいる1時間と、教習所でつまらない学科の授業を受けている1時間では、圧倒的に遊園地の1時間の方が短く感じます。

とっても不思議……。
こんなことを、人に話すと、「会ったり前じゃん!」とか「そう感じるだけ」とか言われちゃいます。
でも、同じ1時間が、その時々で違う長さに感じるってどういう事?

そもそも時間ってのは人間が生活してゆくために、便宜的に作り出した単位ですよね。全世界、全宇宙で1時間はどこへ行っても1時間です。 でも、上の例を考えると、人それぞれ、その時々によって1時間の長さは違って感じられる訳で……逆を言えば、1時間を感じる長さは個人個人違うんですよ。

私が普段思っている1時間と、この文章を読んでいるあなたが思っている1時間は全く違う可能性があります。
いや、可能性があるというよりも、違うはずです。

そんなことを考えつつ、目の前を蚊が“ブ〜〜ン”と通り過ぎるわけですが、この蚊も、私とは違う時間の感覚で生きているはずです。私たちには考えられないほど、羽を細かく動かしながら空を飛びます。そして確実に叩いたと思った手のひらから、あざ笑うかのようにひらりと身をかわす技は、時間が止まっているとしか思えない神業です。
きっと彼らからしたら、私たち人間などは、ナマケモノが動いているように見えているのかもしれません。

そして、ナマケモノからしたら、自分はカールルイスのように(古いっすか?)素早いアスリートのつもりでも、他の動物の方がもっと早くなってしまうわけです。

この時間の感覚というのは、訓練次第で、自力で調整できるんですよね。

ボクシング選手がパンチを神業のようにかわす。
野球のバッティングの際、ボールが止まったように見える。

などなど……。

一般には一瞬の出来事のように見えるものでも、彼らは日頃の訓練で、その一瞬を普通の何倍もの長さにして、神業を実現しているのでしょう。
そして、この神業というのは、全ては脳のスピードアップによる効果なんじゃないか?って思うわけです。

人間が何かの危機に陥ったときにも、同様の時間の感覚を体験できます。
幼い頃、高い場所から足を滑らせて、真っ逆さまに落ちたことがありますが、足を滑らせてから下に落ちるまで、一瞬の出来事でしょうが、私にははっきりとスローモーションになりました。
火事場の馬鹿力という言葉がありますが、生命の危機を感じ、脳がフル回転をして時間の感覚を伸ばし、その間に出来る限りの事が出来るようになるのでは?と思います。

この時間の調整を訓練で支配することができれば、凄いことができそうだな……と思ったりします。

逆に、時を飛び越える技ってのは、すでにみんなが身につけている技なんですけどねぇ。……睡眠ね(^。^)

と、特に科学的根拠があってそう思うんでも、相対性理論を読んだわけでもないので、ただただ、個人的に昔から不思議だなぁと思う事って話で書いてみました。


2005.07.19追記
ともぞーさんにコメントを頂き、「像の時間、ネズミの時間」という本を知りました。

動物は「体重」と「寿命」が比例し、一生の心拍数はほぼ同じであるため、象もネズミも、彼ら自身が主観的に感じている時間は同じ長さであるというのだ。

像の時間、ネズミの時間より

まさにその通り! これが言いたかったんですよ。いやぁ、国語はもっと勉強すべきですね(^^ゞ
主観的時間、客観的時間という表現がぴったりだと思います。
自分にとっての時間は、相手によって早くもなり、遅くもなるということです。

そして、このことは人間同士にも当てはまる話で、もしグズだとかノロマとか言われている人がいたとしても、それはそれで、主観的には極平均的なスピードなのであって、第3者が客観的にその早さに関して、あ〜だこ〜だ言うのは、ばかげた話だと思ったりします。

私はこう思う!みたいな時間に関する意見あったら、コメントくださいな。

posted by 若旦那 at 16:05 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月18日

ポケットモンスターミュウと波動の勇者ルカリオ

今年も毎年恒例のポケモン映画を観てきました。

Pokemon2005.jpg川崎チネチッタで観ようと思っていたんですが、チネグランデだと全席自由席になっちゃってまして、また席取りで並んだりってのがうんざりだったので、あっさりと場所替え。
で、次候補、が新しく出来た川崎ダイス内のTOHOシネマズ川崎でした。
ここもチネチッタと同じシステムのようで、ネット予約OKで、しかもこちらは座席指定も出来たので、こちらに決定。
おかげで、お昼前の上映、しかも真ん中ちょい後方という絶好の場所を予約できました(^。^)

最近の映画館はなかなかオサレでいいですね。
こんなところへ、恋人と……な〜んて、いいやな!
カップル達を尻目に、こちらは、子連れで大騒ぎですから……。
たまには、ゆったりと映画を観てみたいなと思う今日この頃。

ネタバレも含めて感想は続きで

続きを読む
posted by 若旦那 at 11:22 | 東京 🌁 | Comment(13) | TrackBack(3) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月17日

開閉スクリプトを改良(Seesaaで超簡単設置)

最近会社でMTをいじくっている関係で、 色々なカスタマイズ指南ページを見ています。そんな中で開閉スクリプトを見つけました。
今までも開閉スクリプトを使っていましたが、開閉部分のカスタマイズにはスクリプト自体を書き換える必要があるために、ちょっと面倒でした。
ところが、今回見つけたものだと、テンプレート(デザイン、コンテンツ)の変更で対応することができ、臨機応変に対応できそうなので、挑戦してみました。

情報元はARTIFACT ―人工事実― | Movable Type作業メモ

しかし、いまいち良くわからない……おバカなもんで(^_^;)

半日以上、いろんなサイトを覗いて、ようやく構造を理解できました。

ほとんどのサイトがMT、ですから説明もほとんどがMT用なわけで、はたしてSeesaaで使うことが出来るのだろうか・・・と心配でしたが、結果なんなく使うことができました。

まずはshowhide.jsを読み込んで、seesaaの適当な場所にアップします。
私の場合はデフォルトの場所にそのままアップしました。

そしたら次にWebのはじめでスクリプトを読み込ませます。
Seesaa管理画面のコンテンツで新たなコンテンツを自由形式として作成します。表示順は基本的に最初の方にしたほうが良いでしょう。

そして、その中の入力欄には

<script type="text/javascript" src="http://monohonblog.seesaa.net/image/showhide.js"></script> 

を書き込みます。src=の内容は、各自で書き換えてください。あくまでもこのブログの場合になってます。

次に、いよいよ折りたたみを実施したい場所の改造です。
ここでは過去ログを例にしたいと思います。
とりあえず、過去ログの設定画面に入ります。

この中で上部に

<a href="javascript:void(0);" onClick="showHide('hide1');" title="クリックする毎に伸び縮みします">▼続きを見る⇔折りたたむ▲</a>
<div class="sidehide" id="hide1">

そして下部に</div>を書き込めば完成。ま、簡単です。

でも、私はどうしても□のチェックボックスでやりたかったので、ちょっと改良しました。

入力欄は空のままでコンテンツHTML編集へ移動して、HTMLをもろに改造しちゃいます。

<div class="sidetitle">
<input type="checkbox" onClick="showHide('Hidearchives');">
<% content.title %>
</div>
<div class="side">
<div class="sidehide" id="Hidearchives">
<% content.header -%>
<% loop:list_archives -%>
<% if:archives.article_count -%>
<a href="/archives/<% archives.createstamp | date_format("%Y%m") %>.html"><% archives.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a>(<% archives.count | __or__ |  echo('0') %>)<br />
<% /if -%>
<% /loop -%>
<% content.footer -%>
</div>
</div>

こんな感じでチェックボックスでの動作を実現しました。
赤字部分が追加した部分です。
赤部分の1行目がチェックボックスを設置している部分です。
その下の赤字部分<div></div>間が折りたたまれる部分です。
上下にあるHidearchivesという文字を変える事で、複数箇所に対応します。
当然上下で一致させないと、正常動作しませんので、ご注意を。

どうぞseesaa利用の方は参考にしてみてくださいな。

posted by 若旦那 at 10:17 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | Blog Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月13日

プロトタイプロボット展

とある研究所から受注をしているのですが、ある部品の納期がうちのスケジュールミスで、遅くなってしまいました。 それが先月のこと。

大丈夫でしょうか?という問いに帰ってきた答えは、「現地へ発送してください」ということで、場所は「愛・地球博 モリゾー・キッコロメッセ」とのことでした。
何をやるのかな?とググってみると、プロトタイプロボット展てなのをやるらしく、それに出展するためのロボットの部品の気配です。

へぇ〜、で・・・いつやるの?  と、日付を見てみると、6/9日からとなっていて、明日からじゃんか!!となったわけです。

こりゃ大変だ!ってことで、機械を総動員して仕上げて、3日遅れかなにかで発送しました。

あれってどうなったかなぁ・・・だいじょうぶだったかなぁ・・・とず〜〜っと気になっていたんですよね。

そしたら、先日KOuさんが、NHKの特集の録画あるよぉって教えてくれたんで、早速「送っておくれ!」となりました。

続きを読む
posted by 若旦那 at 15:53 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 加工日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月11日

MicroProseとHasbro(BlogPet)

現在は、もうかれこれ10年以上前のこと
まだWindowsなどが出始めのころで動くことが当たり前でしたinfogramsのHPにお邪魔してみると、そこにFreeMonopolyの文字が
どうやら60分だけのモノポリー大会がさらにInfogramsに買収されて現在に至るらしい
ここで出てくるHasbroジャパンがします
まるで本物のボードが目の前にあるかのように見えます
そこで、MicroProseといえば、Hasbro主催のモノポリー大会がいきなり終了したinfogramsのHPにお邪魔してインストールしてくるHasbroもまた私にとっては馴染み深い会社で、あのMonopolyゲームがウソのように、きれいな3Dの画面です


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Baron」が書きました。
posted by 若旦那 at 09:06 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月06日

偽りの民主主義

郵政民営化法案がとうとう衆議院で可決されましたね。 残るは参議院での決議となるわけですが、今までの経緯からすると、参議院での否決は難しいのかなぁ……という気がします。

個人的には、圧倒的なメリットが見出せない状況での民営化には反対です。おそらく民意という側面から見れば、本法案は否決されるべきという声が多いように思います。

で、、、民営化が良いとか悪いとか、メリットデメリットなどは別として、今回の決議の様子には腹が立ったというかなんというか……。

そもそも民主主義の軸である、多数決とはどういうものでしょう。ひとつの事柄に対し、賛成であるか反対であるか、手を挙げて、人数の多いほうの意見を採用するってことですよね。

ところが、今回の決議はどうだったでしょう?

反対側議員を賛成側のお偉いさんが料亭で集まって説得、議場でもお偉いさんが囲んで説得……。 執行部の脅し、恫喝、誘惑などなど、あらゆる手を使って、賛成側へ引っ張り込む作戦です。

その結果が今回のギリギリの可決につながったわけです。

そもそも党議拘束なんてものがあること自体がおかしいわけですよ。そんなものの為に自由に自分の意見がいえない議員が増えるわけで。
もし党が間違った方向に進んでしまっても、反対することが出来なくなります。

だってそうでしょ、多数決で決まるんだから、多数派の与党が党議拘束をかけてYesといえば、もうその数を上回るNoはありえないわけですからね。

今回、反対派の議員が賛成に票を入れた議員には、国民の利益などはまったく頭にはなく、今後の自分の身の振り方、次の選挙、役職で頭の中はいっぱいだったはずです。

そんな奴らに国民の未来が託されているなんて……不幸なものです。

本当の意味で、この法案が国民にとって、良いのか悪いのか、そういう政治の原点に立って、自由な投票が出来ないでどうするんだよって思います。

この法案可決を予想して、アメリカがいろんな動きを見せているようですが、本当に大丈夫なんでしょうか? 本当は小泉さん、日本がどうなっちゃっても、どうでもいいんじゃないでしょうかね?

続きを読む
posted by 若旦那 at 08:59 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月01日

ミュージカルバトンで〜す

世間ではバトンバトンといろんなバトンが飛び交っているようです。
そんな中私にも、こんなバトンが回ってきました。

Musicalbaton

ルールの概要はこう

海外のブログに端を発する、音楽に関する企画

音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール

はてなダイアリー - Musical Batonとは

ムージカルバトンってことで早速質問に答えたいと思います。

  1. 最初に見に行ったムージカルは?
    • え〜っと、たしかスターライトエクスプレスだったかな?

  2. 一番多く見たムージカルは? また、回数は?
    • たしかスターライトエクスプレスだったと……
      回数は4回かな??あれ?5回だったっけか?

  3. 一番好きなムージカルは??
    • そりゃぁもう、スターライト……

ん??? なんか違います?
ああぁ、、、KOuさんと同じボケはやめろ??

失礼しました(-_-;) だって、KOuさんのボケがすばらしすぎて、その後が書きにくいのなんのって……。
あそこまできれいにボケられると、次のボケがつらいっての。

なわけで、こんなに遅くなってのバトン回しになってしまったわけですね(^_^;)

続きを読む
posted by 若旦那 at 03:16 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年06月28日

ロータリークラブ杯がありました

先週の土曜日に、子供のサッカークラブで、ロータリークラブ杯がありました。 なんでも、 大田区サッカー協会 OFA 主催の大会だそうで、うちの子供は始めての参加となりました。

1試合目はvs徳持戦でした。
私はちょっと遅刻をして、後半からしか見られませんでしたが、結果は9−0の圧勝でした。

まだ相手のチームはサッカーになってなく、小学校の授業などでありがちな、ボールにぐちゃぐちゃと固まってしまうサッカーでした。比較的ポジショニングを守るサッカーをしている萩中ですから、ボールが固まりから出てしまえば、あとはハーフライン付近で待っているFWにパスを渡して、独走、シュートというパターン。

そんなこんなで、あれよあれよという間に点数が入り、9−0という……(^_^;)
見ていて相手がかわいそうになりました。
もう少しボールから離れて見ることを覚えるだけでも、かなり違った結果になると思います。これから大きくなるにつれて、変わっていくでしょうね。

2試合目はvs入新井第2(かな?)

このゲームはかなりまともなゲームになりました。結果は3−0(だっけかな?)すみません、うろ覚えで(^_^;)

始まったとたんに前衛4人くらいで、だぁ〜〜っと攻めてしまい、あっという間に1点を先取してしまいました。その間ディフェンスは、ぼ〜〜っと突っ立っていただけ。さほど強力なドリブラーがいるわけでもなく、すごいパス回しがあったわけではないんですが、なぜか入ってしまった1点目。

その後は一進一退の攻防で、見ているほうもかなり楽しめました。

うちの子供は全試合通して、左サイドのディフェンスを任されていました。ディフェンスという意識が強すぎて、まったくせめていなかったので、次回はもう少し攻めということも考えてもらいたいなぁと思ったりします。

今回は2勝したため、2次リーグ進出ということで、今週の土曜日も試合となりました。

さて、どんなチームが勝ちあがってきているか楽しみです。

 

posted by 若旦那 at 20:19 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー及びスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年06月26日

OpenTTDスタートガイド

先日お話した、wikiがぼんやりと形になったので、公開しますね。

OpenTTD Start guide

とりあえずフリーという中途半端な存在ではありますが、とっても良く出来たシミュレーションゲームなので、興味がある人は、プレイしてみてください。

また、先のwikiは誰にでも編集できるようになっていますので、面白いと思った方は、是非wikiのほうの書き込み編集を手伝ったくださいませ。

posted by 若旦那 at 10:43 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイガー&ドラゴン最終回(子は鎹)

とうとう、タイガー&ドラゴンが終わってしまいましたね。

今回の噺は子は鎹です。

腕の良い大工の熊という男がおりました。この男、腕は良いが酒と女にだらしない。
ある日吉原で4日間も遊んで帰ってきた挙句、女と遊んできたことを自慢げに話す熊。女房はそんな熊にとうとう愛想を尽かし、とうとう出て行ってしまいます。
その後、女を家に引き入れて暮らし始めるも、長く続くはずもなく、その女も出て行ってしまう。

自分のおろかさに気づいた男は、その後心を入れ替えて、仕事一筋でやり直す決心をします。
もともと腕の良かった大工ですから、お得意様もみるみる増え、仕事は順調、左団扇になります。
とは言うものの、考えることは亀(子供)のことばかり。子供に会いたくて仕方がありません。

ある日番頭さんが、茶室に使っている木を見て欲しいと、熊に相談にきたので、熊と番頭さんとで、茶室を見に行くことになりました。
茶室へ向かう途中、偶然にも亀を見かけてしまいます。
番頭さんは気を利かせて、仕事は後でよいからと、子供と話をする時間をくれます。

久々に出会う親子、涙の再会です。
熊は亀と母さんのことを事細かに聞きます。
話を聞いてみると、なんとお母さんはまだ一人身で亀を育てているとの話……。
うれしくなった熊は母さんには内緒だよと、亀に50銭の小遣いをあげて、翌日鰻を食べさせる約束をして分かれます。

家に帰った亀ですが、すぐに50銭を見つけられてしまいます。
母さんはどこで盗んだ!としかりますが、熊との約束を守ろうと亀は必死にウソをつきます。
しかしそこはしっかり者の母さんです。だまされるわけがありません。
そんなにウソをつくなら、このカナヅチで叩いてやるからね!と脅します。
そんなことを、されてはたまらないので、亀はとうとう熊のことを話してしまいます。

翌日。
母さんも母親ですから、とびっきりの着物を熊に着せてやり、熊を鰻屋へ送り出しました。
ところが、自分もいてもたってもいられない。気がつくと、母親も鰻屋へ来てしまいました。
そんなところを亀に見つかり、めでたく夫婦の再会と相成ります。

熊は心も入れ替え、まじめに働いているからよりを戻してくれないか?と持ちかけます。
そんな熊を見た母親もうれしくなり、承諾して、めでたしめでたしとなります。

亀のおかげで、お父さんとお母さんの縁が戻り、子は鎹とはこのことだなぁ……という二人に。

僕が鎹ってこと?なるほど……
だから母ちゃんがカナヅチでどつこうとしたんや!

子は鎹をかなり要約しております

と、あらすじだけ書いても長い話なんですが、「子別れ」という演目を上中下に分け、中下を通しで演じる場合に「子は鎹」というそうです。

鎹というのは、木と木をつなぎ合わせるときに使う、コの字型の釘のことです。

今回は虎児が逮捕されてから3年後ということで、周りがずいぶん変わっちゃったところから始まりました。みんな虎児を忘れようとして生活をしていて、それでも忘れられないという雰囲気の中、やっぱり虎児が必要なんだっていうことに気がつき、みんなの絆が元に戻っていく感じがとっても良く描かれていたなぁと思います。

もう泣ける場面満載で……。
涙もろい私は、泣いてるんだか笑ってるんだか、わけが分からない状態で見てました。

特にどん兵衛と元組長が、本当は虎児を迎えに行ってやりたいといいながら、喧嘩をするシーンなどは涙ぼろぼろでした。

なんといっても、西田敏行の演技が光ります。人を泣かせるのがうまいというか、人情話にはこの人を出しておけば間違いなしです。

話の内容が内容なだけに、続編を作るのには無理がありそうですが、今後この題材をどうやっていくのでしょうね。このままで終わらせたくない気持ち半分、いいところで打ち止めもいいんじゃないの?って気持ち半分。

次のクドカン作品に期待しちゃいますね。

なにやらDVD-BOXの発売も決まったようです。欲しいなぁ……。

タイガー & ドラゴン DVD-BOX
B0009616XU長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 春風亭昇太

ポニーキャニオン 2005-09-07
売り上げランキング : 2

おすすめ平均 star
star華麗かつ秀逸!
starDVDで見るべき作品
starはまった…!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 若旦那 at 09:11 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(6) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年06月23日

wikiなるものに手を出してみる

先日お話したopenTTDに、いまだにはまっています。

それというのも、なかなか攻略できないからなんです。なにしろ情報が少ないんですよね。一般のゲームなら、攻略法などが、あちこちのWebに載っていたりして、比較的簡単にゲームの本質やコツが分るんですが、ことopenTTDに関しては、全くと言って良いほど情報が無いんです。 なので、ヤマ勘で操作したり、どうしても分らないところは、海外のサイトを見たりして進める訳です。

さすがに最近は操作も慣れてきて、かなり効率の良い線路を引き回せるようになりました。信号の置き方のノウハウも色々あり、海外のサイトなどでは、様々なバリエーションのインターチェンジなどを見ることが出来ます。
そうやって集めた情報も、全て英語で、“また見てみようかなぁ”とか思っても、ブックマークから探して、いちいち翻訳しつつHPを読んでいくという、なんとも効率の悪い方法で管理していました。
これではさすがに効率が悪すぎるので、ここは一つ新しいブログを作って、管理していこうか?とか思い立ちました。 ところが、今の忙しい状況で、サイトを地道に仕上げていく自信もなく、作ったところで結局はほったらかし、という状況になりかねません。

それならば、いっそのことめーいっぱい他力本願になって、Wikiって手もありか?ってことで、openTTDのwikiを設置することにしました。 というか、しました。
まだ、形ができあがっていないので、もうちょっと見栄えが良くなったら発表するつもりですので、興味のある方は、お手伝いに立候補してくださいな。

posted by 若旦那 at 17:48 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年06月20日

人形おじさん

人形おじさん

t*o*jさんところで見つけた人形おじさんの写真。

銀座の歩行者天国に出没したらしいです。

人形を100円で売っているそうです。ただし、遊び方を知っている人にしか売らない!という条件付きなんだそうです。

上の写真も、おじさんが改めて人形にポーズをとらせてから撮らせてもらったもので、その辺に人形への愛情が垣間見えます。しかもポーズに人形の楽しげな様子が非常に良く表現されていますよね。
愛情を込めて生み出した人形を、人形の命が感じ取れる人だけに売っているなんて、いいですねぇ。

おじさん曰く、“子供でも遊び方が解る子と解らない子がいる。これぐらいの人形でも頭を使わないといけない” と……。 ごもっともです。

見てみれば、この人形も、布きれと針金をねじって組み合わせただけの物。それでも、色々考えて遊べば、その人形に命も宿るし、愛情も生まれるってもんです。

つくづくこういう事を、子供に教えていかなきゃだめだよなぁって思っちゃいました。

「全てに工夫を懲らすべし」

おじさんのお言葉、耳が痛いですよ。

posted by 若旦那 at 15:00 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年06月16日

急ぎのお仕事(マフラー編)

maf.jpg すご〜く忙しい。

そんな中、どうしても急ぎでやってもらいたい仕事があるんだけど……な〜んて電話が入ってきました。

あ〜だこ〜だ揉めて、断るつもりで話を進めていたんだけど、値段を聞いたら、社長が“やったら?”と……。

そんなわけで、特急でやるはめになった品物が右のやつ。

なんでも、高級車を改造する際に、マフラーに取り付けるんだそうな。

ぼちぼち開いた穴に、ダイヤみたいな飾りを埋め込んで、ギラギラにするんだって……(´。`)

趣味悪い気もするけど、、、ま、仕事だからね、作りゃぁいいのよ。

てことで、やりましたよ、やりました。半徹状態で必死こいて。
ケツかっちんで、不良をだしたら、ハイそこでお終いみたいな、緊張の中で仕事をするのは、健康によくありません。
きっと最後の方で、おしゃか作って、ぎゃ〜〜〜!!!ってなって、発狂するんだろうなぁ……なんて考えながらやってました。

ところが、不良も出さずにうまいことできあがりました。それも納期すれすれで。
頭フル回転で、急いでやってて、よく不良を出さなかったなぁって、自分でも不思議。

あんまりの急ぎで、できあがった瞬間に持って行かれちゃったから、写真も撮れなかった(´ヘ`;)

posted by 若旦那 at 19:55 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 加工日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランスポートタイクーン

昨日のエントリー、MicroProseつながりです。

Transport Tycoon MicroProse社のゲームで好きだったゲームの中に、トランスポートタイクーンがあります。

どんなゲームかというと、トランスポート(運送)のタイクーン(大君)ですね。
簡単にいうと、A列車で行こうをもっと凄くしたやつ(^_^;)

A列車に似ているんですが、もっと細かい設定が出来ますし、トランスポートというだけあって、電車だけではなく、車や船、飛行機なども出てきます。

マップ上には色々な施設があり、その施設には需要と供給があります。
それをいろんな交通で結び、運搬します。いかにして込み入ったネットワークを効率よく作り上げるか?というところが、このゲームの醍醐味です。

たとえば、鉄鉱石を採掘所から搬入し、製鉄所へ運びます。すると鉄工所では鋼鉄ができます。製鉄所から出来た鋼鉄を、今度は工場へ運びます。工場から出来上がった商品を、今度は町に運ぶといった具合です。

ゲームにはCPUも参加させることができ、巧みにこちらの邪魔をしてきます。そして、いかにして競合他社を蹴落とすか、スピードと的確な判断が求められます。

そんなトランスポートタイクーンですが、MicroProseがなくなってしまったので、もうどこにも売っていません。infogramsも出していないようです。
どうしたものかとGoogleで探してみると、そのなかにOpenTTDなるものを発見しました。

OpenTTDてのは、なんとトランスポートタイクーンDX(略してTTDX)をオープンソースで復活させようというもので、すでに実現しているらしいのです、それだけではありません、TTDXをよりパワーアップさせて、今まで“ここがこうだったらなぁ〜〜”なんて思っていた機能を、どんどんと実現している、すげ〜〜〜ソフトなんですよ。

しかもオープンというくらいですから、ほぼフリーとして出回っていて、簡単に手に入れることができるのです。
ここでほぼフリーとした理由は、実は作者自身はこの著作を放棄したわけではないらしいので、著作的にはフリーで配布することは認めていないそうです。しかし、手に入れるすべがないからなのか、なぜなのか分かりませんが、作者は現状何もいっていない状況だそうです。

詳しく教えろや!!って方は続きをどうぞ

続きを読む
posted by 若旦那 at 00:15 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年06月15日

MicroProseとHasbro

私がDos/vマシンというものを買ったのは、もうかれこれ10年以上前のこと。 まだWindowsなどが出始めのころで、ゲームといえば、DOSで動くことが当たり前でした。
そのパソコンを買った目的というのは、フライトシミュレータをしたかったからで、当時はフライトシムと言えばMicroProse社のものと相場は決まっていました。

そんなMicroProseのゲームがやりたくなり、Webをめぐっていると、なんとMicroProseはすでになくなっている事を知り、驚きました。

フライトシムに始まり、カーシミュレーション、経営シミュレーションなどなど、数々の名作を世に送りながら1998年にHasbroに買収され、そのHasbroがさらにInfogramsに買収されて現在に至るらしい。

ここで出てくるHasbroもまた私にとっては馴染み深い会社で、あのMonopolyを出していた会社です。思い返せば、Hasbroジャパンが撤退し、Hasbro主催のモノポリー大会がいきなり終了したのもあのころだった気がします。

そこで、MicroProseとHasbroという、2大ゲームメーカを吸収したinfogramsのHPにお邪魔してみると、な〜んとなく地味(^_^;)

気になるMonopolyを検索してみると、そこにFree Monopolyの文字を発見!

早速ダウンロードしてインストールしてみました。

BW_Upload/s-2005-06-14_21-21-14.jpg

起動してみると、Left 60 minuteの文字が。 どうやら60分だけのお試し版のようです。
ちょっとやってみましたが、昔のMonopolyゲームがウソのように、きれいな3Dの画面です。まるで本物のボードが目の前にあるかのように見えます。しかも、CPUプレイヤーがしゃべるしゃべる、ウルサイくらいにしゃべりまくります。

え?? Monopoly知らない?
posted by 若旦那 at 07:45 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年06月12日

こえぇ〜〜〜!!!!

Weekly Teinou 蜂 Woman経由で発見したこわ〜〜いもの。

宮崎市内のとあるホテルの紹介HPなのですが、紹介写真を見ると、人の顔がくっきり。こんな写真を載せていたら、お客さんが増えるどころか、一人も来なくなりますよ……。

はたして、ホテルの経営者は知っているのでしょうか?

やっぱりホテルって、いろんな人がいろんな思いで泊まるところだから、そりゃぁいろんな思いがとりついても、おかしくないですよねぇ。

ってことで、写真をこちらに貼るのは、とてもとても怖いので、リンクからどうぞ。  ああ、こえ〜〜〜!!


追記:
アクセスが殺到したのでしょうか? あれではまずいと思ったらしく、リンク先から画像が削除されていました。
そこで画像をアップしておきましたので、こちらからどうぞ。

posted by 若旦那 at 18:43 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古いソフトの処分

久々にぼけ〜〜っとする時間が取れたので、玄関付近に放置してあった、いらないソフト群を処分しました。
今まで、捨てようと玄関のところまで持ってきて、箱詰めしてあったものの、もったいないやら面倒やらって理由で、そのまま放置してありました。
なもんで、玄関入ったところが、なんとも狭いというか、邪魔というか……。
聞くところによると、玄関が散らかっているというのは、風水的にも良くないらしいしね。

こいつらは10〜5年ほど前に買ったソフトで、CADやらシーケンサ、ゲームなどなど。
なぜか私の欲しくなるソフトは、どれもこれも3万とか5万とか高いものばかりで、片付けながら「これ高かったんだよなぁ」とか「買うのにわざわざ月賦にしたなぁ」とか思いながら、箱を壊して中のフロッピーをゴミ袋へ詰めました。
そりゃもう、涙しつつ……(T_T)/~~~

中には分厚いマニュアルなんかもあって、貧乏性の私は、とっておこうかなぁとか思いながらも、いやいや、これを取っておくから家が片付かないんだよなと、自分に言い聞かせながら(^_^;)

おかげで、玄関周りがすっきりしました。

これで、ちょっとは運勢がよくなるかな?

posted by 若旦那 at 15:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年06月10日

嘘つきセールスマン

うちの会社には良く飛び込みのセールスマンが来ます。

基本的にうちはセールスマンお断りなので、「セールスである」と分かった時点で、はいさようならなのですが、言葉巧みに入り込んでくるセールスマンが多いこと。

先日も、とある若者が扉を開けて「すみませ〜〜ん」と。。。

「何? セールス??」

「いえ、セールスじゃありません、電話の交換機のお知らせで、NTTのほうから」

と、こんな感じでやり取りが始まりました。

「外の回線はデジタルになっていて、家の中はアナログの電話を使っていて、現在は交換機というものを使って変換しているので、新しい交換機にすると、デジタルの電話が使えるようになります。」

「……で??? その説明じゃ、何をしたいか分からないでしょ? 何をしたいの?」

結局何をしたいのかが分からない。 だから何をしたいのか?

「いや、、、ですから……」

その後、またデジタル回線のお話の繰り返し……。痺れを切らして

「なに? 金かかるわけ?」

「いえ、お金はかかりません。 新しい電話はうちで負担させていただきますので」

結局セールスじゃん……(-。-;)

私はありとあらゆる通信を試してきて、今ようやく光に落ち着いているということを、知ってか知らぬか分かりませんが、分けの分からないデジタル回線の説明を繰り返し、何かのサービスに勧誘しようとする彼なのです。 そこでこんどは

「それに関する資料は??」

「いや、、、あのぉ……。 料金表ならありますが……」

「なにそれ、資料も持たずに何をしに来たのさ」

「資料よりも、言葉で簡単に説明したほうが分かりやすいので」

と、慌てふためく彼が苦し紛れに出してきたのは、ビジネスフォンのカタログ(^_^;)

「ああ、もういいよ、今忙しいから、また今度はなししよ」

といって、帰ってもらいました。
会社名でググッたところ、結局はFAXとビジネスフォンのセールス会社で、最近のIP電話などにも手をだしていますので、まあ、やっていることは、機械音痴を見つけて、わけの分からない説明で、製品を売っている悪徳商社というところでしょうか。

当然、また来たって、何も買いませんよ。ただ、ウソをついて入ってきた罰として、足を運ばせてやるだけ。

正直にビジネスフォンのセールスですということで、入ってきて、名刺交換してカタログ渡してと……。一通りセールスマンとしてのセオリーを守ってくれれば、こちらだって話を聞いて良い物ならば買うわけですよ。
それを、いきなりウソから入って、信頼関係もなにもないじゃないですか、そんなウソから金儲けなんて、まるで詐欺。

結構若者がああいうセールスに回ってきますけど、あんなことやってて、人生もったいないって思います。
うちの会社なら、まずはビシっと心構えから鍛えないしてやるのに。

posted by 若旦那 at 09:05 | 東京 ☁ | Comment(3) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。