2005年11月16日

エネルギー問題から派生して

そういえば、最近のハイブリットカーはブレーキでエネルギーを溜めて、発進時にそれを利用するらしい……。回生ブレーキってやつですね。
それを聞いて、「それって、俺が考えてたことだよ!! ドロボーー」とか思った。

ていうか、常日頃から「こんなのって実現可能だよなぁ……」って思うことがあったりして、数年後にそれが現実になったりすると、「ああ、俺が研究者なら、俺が作っていたのに!」なんてことが良くありませんか?

他にも、車のスピードによって、ワイパーの速度を変えるとかってのを考えていたら、マーチかなんかにそんな機能が搭載されていて、悔しがったことがあったりね(^。^)
実際その機能を試したことは無いから、どんなもんか分らないけど、あのワイパーのスピードって、インテリジェンスに変えられたらさぞかし便利と思うんですよね。止まっているときはワイパーなんか、めちゃ長い間欠でもOKだし、走り出したら段々早くなって欲しい。
ただ、これも人によりけりで、ガラスにテフロンコーティングなんかをしていると、逆になるわけですよ。スピードが出れば雨水は弾けるように飛んで行くから、時速50キロ超えたあたりからは間欠で、80キロ超えたらワイパーいらないぜ!ってな感じですよね。
ちょっとしたことだけど、ワイパーってそういう設定が出来ると、凄く楽になると思う。

他にも思うことが色々……

続きを読む
posted by 若旦那 at 12:24 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年11月14日

石油埋蔵量の不思議

今ガソリンがめちゃくちゃ高いですよね。
うちの車は大きくてハイオクをたっぷり満タンに入れると、目玉が飛び出るくらいの金額になります。

そんな話題がとあるMIXI日記にも書かれていまして。
その中で
「まあ、石油はあと40年くらいで底をつくって言われてるから、もう値が下がることはないのかもしれないねえ^^; 」
なんて書き込みがありました。

あら??そういえば、私の学生時代にはあと30年で底をつくと教わった気がしますよ。
なんですか?その差は……っていうか、年数増えてるし(-。-) ボソッ

ってことで、調べてみましたよ。
そしたら、なんと石油埋蔵量ってのには、ちょっとしたカラクリがあるらしいんですね。

あと何年で資源が無くなるか?っていうのは一般に枯渇年数と言い、その時代の埋蔵量と掘削可能な深さが密接に関係しているらしいのです。
まず、未だに未開の土地に石油が埋蔵されていて、次々と新しい油田が見つかっていることがあります。
次に一番大きい要因と思われるのが、採掘技術の向上があります。今までは浅い層の原油しか採掘できなかったものが、採掘技術の向上によって、より深い層の原油を採掘できるようになったことがあります。

それらの相乗効果で、石油埋蔵量が増え、以前よりも明らかに石油消費量が多い現在においても、30〜40年前と同じ枯渇年数を維持しているということらしいのです。

とはいえ、今後無限に新たな油田が開発され続けるというのは考えにくいですから、よりクリーンなエネルギー開発というのは欠かせなくなりますね。
ガソリンもさることながら、石油を原料にしている樹脂や化繊などが非常に多いので、今後そういった原料はどうするのか?などなど、考え出すと将来が不安になる要素がたっぷりなんですよね(T_T)

な〜んてことを心配している前に、大きな車をやめて、“地球に優しく”ってことで、小さいハイブリッドカーに乗り換えるのが最初なのかも知れない……\(~o~)/

参考URL
世界の石油・天然ガスの可採年数と枯渇年数

posted by 若旦那 at 12:46 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月30日

痒いぃ〜〜のぉ〜〜〜!!!

もうすっかり夏ですね。
夏と言えば?……    ま、いろいろと思い浮かべますが、私が思い浮かべるのは、

仕事場が1階なこともあって、夕方になると、どこからともなく蚊が飛んできて、あっち刺し、こっち刺し……。
いつの間にか赤くふくれあがって、 痒いのなんのって……。

なんであいつらは、ああいうことをするんでしょうね。
血を吸うだけなら、いくらだって吸わせてあげるから、痒くなるようなおまけはいらないんだよね。
痒くなるのがいやだから、叩かれたりして殺されちゃうわけでしょ。 もっと和解して、仲良くなれないもんですかね。

ま、でも痒くなっちゃうのは、なっちゃうので、仕方のないことだったりします。 

で、、、こんなときは迷わずムヒ? ウナコーワ

s-821_elvis01.jpg まあそういう手段もありますが、 なかなか痒みっておさまりませんよね。
下手なヤブ蚊に刺されたら、1週間やそこらは確実に痒みが続きますから……。
かき崩したりしたら、さらに痛みと痒み地獄が長引きます。

そんなときの秘密兵器があるんです!

それは、テープ!!

子供用の痒み止めグッズに、痒み止めパッチというものがあるんですがね。
これって、最初は子供がかき崩さないように、張るためだけのものだと思っていたんですよ。 ところが、いざ張ってみると、意外に痒みがすぐにとまるんです。

そんなことを職場で話していると、パートのおばさんが、それって普通のセロテープでも痒みおさまるよって言うんですよ。

「えぇ〜〜〜!!!!」  ということで、やってみると、本当に痒みがおさまるんです。

まさにあっという間です。 痒み止めの薬なんかめじゃないですよ。
張ったら、その場ですぐに痒くなくなります。 なぜだか科学的な理由はわかりませんが、すっきりすっかり痒くなくなります。さらに、テープならなんでも良いようですので、通気性のよいテープなどもよいかもしれませんね。

それにしても、なんでなんでしょうね? あの痒みってのは、空気に反応して痒くなったりするんでしょうか? その辺の研究って思ったほど進んでいないのかもしれませんねぇ。

痒みでお困りのあなた、そう、そこのあなた、特に女性なら、美しいおみ足が、蚊に食われたあとで、ボツボツなんてのは、非常に醜いものがありますから、ぜひかき崩す前に、テープを実践してみてくださいな。

ちなみに、長い期間張っていると、かぶれてしまうので、痒みがおさまったら、すぐにはがしましょうね。


posted by 若旦那 at 11:04 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月19日

時間の不思議

昔から不思議に思っていることがあります。それは時間。

時間って楽しいことをしていると、あっという間に進み、嫌なことをしていると、ゆっくり進みますよね。これってなぜでしょうね?

daliclock.jpg たとえば遊園地で楽しく遊んでいる1時間と、教習所でつまらない学科の授業を受けている1時間では、圧倒的に遊園地の1時間の方が短く感じます。

とっても不思議……。
こんなことを、人に話すと、「会ったり前じゃん!」とか「そう感じるだけ」とか言われちゃいます。
でも、同じ1時間が、その時々で違う長さに感じるってどういう事?

そもそも時間ってのは人間が生活してゆくために、便宜的に作り出した単位ですよね。全世界、全宇宙で1時間はどこへ行っても1時間です。 でも、上の例を考えると、人それぞれ、その時々によって1時間の長さは違って感じられる訳で……逆を言えば、1時間を感じる長さは個人個人違うんですよ。

私が普段思っている1時間と、この文章を読んでいるあなたが思っている1時間は全く違う可能性があります。
いや、可能性があるというよりも、違うはずです。

そんなことを考えつつ、目の前を蚊が“ブ〜〜ン”と通り過ぎるわけですが、この蚊も、私とは違う時間の感覚で生きているはずです。私たちには考えられないほど、羽を細かく動かしながら空を飛びます。そして確実に叩いたと思った手のひらから、あざ笑うかのようにひらりと身をかわす技は、時間が止まっているとしか思えない神業です。
きっと彼らからしたら、私たち人間などは、ナマケモノが動いているように見えているのかもしれません。

そして、ナマケモノからしたら、自分はカールルイスのように(古いっすか?)素早いアスリートのつもりでも、他の動物の方がもっと早くなってしまうわけです。

この時間の感覚というのは、訓練次第で、自力で調整できるんですよね。

ボクシング選手がパンチを神業のようにかわす。
野球のバッティングの際、ボールが止まったように見える。

などなど……。

一般には一瞬の出来事のように見えるものでも、彼らは日頃の訓練で、その一瞬を普通の何倍もの長さにして、神業を実現しているのでしょう。
そして、この神業というのは、全ては脳のスピードアップによる効果なんじゃないか?って思うわけです。

人間が何かの危機に陥ったときにも、同様の時間の感覚を体験できます。
幼い頃、高い場所から足を滑らせて、真っ逆さまに落ちたことがありますが、足を滑らせてから下に落ちるまで、一瞬の出来事でしょうが、私にははっきりとスローモーションになりました。
火事場の馬鹿力という言葉がありますが、生命の危機を感じ、脳がフル回転をして時間の感覚を伸ばし、その間に出来る限りの事が出来るようになるのでは?と思います。

この時間の調整を訓練で支配することができれば、凄いことができそうだな……と思ったりします。

逆に、時を飛び越える技ってのは、すでにみんなが身につけている技なんですけどねぇ。……睡眠ね(^。^)

と、特に科学的根拠があってそう思うんでも、相対性理論を読んだわけでもないので、ただただ、個人的に昔から不思議だなぁと思う事って話で書いてみました。


2005.07.19追記
ともぞーさんにコメントを頂き、「像の時間、ネズミの時間」という本を知りました。

動物は「体重」と「寿命」が比例し、一生の心拍数はほぼ同じであるため、象もネズミも、彼ら自身が主観的に感じている時間は同じ長さであるというのだ。

像の時間、ネズミの時間より

まさにその通り! これが言いたかったんですよ。いやぁ、国語はもっと勉強すべきですね(^^ゞ
主観的時間、客観的時間という表現がぴったりだと思います。
自分にとっての時間は、相手によって早くもなり、遅くもなるということです。

そして、このことは人間同士にも当てはまる話で、もしグズだとかノロマとか言われている人がいたとしても、それはそれで、主観的には極平均的なスピードなのであって、第3者が客観的にその早さに関して、あ〜だこ〜だ言うのは、ばかげた話だと思ったりします。

私はこう思う!みたいな時間に関する意見あったら、コメントくださいな。

posted by 若旦那 at 16:05 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年05月27日

ゴマ塩のお話

最近嫌な事が重なりまくりで、テンションが思いっきり低かったりします(T_T)
そのせいかエントリも少なめだったりで……なんか楽しいこと無いですかね。

突然話しは変わりますが。

お赤飯などを買うと、ゴマ塩って付いてきますよね。
私はあのゴマ塩の塩がどうも苦手。どうしてサラサラしててくれないんでしょう。

お赤飯にパラパラとかけても、どうもまんべんなくかからないというか、ゴテゴテしてるんで気持ちよくない。
やっぱし塩はサラサラしてないとなぁ……と常々思っていた。

ところが、ある日赤飯を食べていたときに、ふと思う。
このダマのようになった塩には意味があると。

このとき使っていたのはエスビー食品のゴマ塩でした。これはいわゆるビンに入ったお馴染みのものですが、もしこの塩が普通のサラサラの塩だった場合、いくら振りかけてもゴマしか出てこないという可能性があります。

これは大きさの違う物質を混ぜ、振動を与え続けると、大きなものは上、小さなものは下に分離する性質があるためで、ゴマ塩の場合は、当然ゴマが上、塩が下になるわけです。

それでは商品化するのに問題があるということで、塩を強引に大きな結晶に固めてしまい、ゴマとほぼ同じ大きさにそろえることで、あの小さなビンの中でいくら揺さぶられても、均等に混ざった状態を維持できるという仕組み。(これはあくまで私の予想ですがね)

すばらしい!!   考え方は……ね。
でも、あの塩は駄目だよなあ、やっぱりサラサラなゴマ塩をパラパラとかけないとね。

いくらケースの中で均等に混ざっていても、ご飯にかかったときに、塩が固まった状態で、まばらじゃぁ意味ないって。

どうせなら、塩を大きくするんじゃなくて、ゴマを小さく改良するってのはどうよ。
それなら振りかけるのもまんべんなく綺麗にかけられるよ\(^_^)/

posted by 若旦那 at 19:14 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年11月19日

静電気……いやですよねぇ

冬になると不意にバチバチっとくる静電気いやですよね。

そこで、あの静電気を極力なくす方法を探してみました。

静電気が起きる仕組みは、着ている服同士がこすれ合って生じるものと、服を脱ぐときに生じるものがあるようです。
その静電気の量は着ている服の組み合わせで大きく違ってきます。
そこで、着る服をうまく合わせることで、この静電気を抑えることができます。

帯電列表
ウ|ル ナイロン レ|ヨン 人体 綿 ポリエステル アクリル

上の表で、離れている組み合わせほど、静電気量が多くなります。

なので、ポリエステルのシャツにウールのセーターは極めて静電気を発生しやすいということになります。
逆に、隣り合った製品同士ならば、あまり静電気は発生しないということです。
アクリルとポリエステルは化繊同士で、一見静電気ばりばりのようですが、実は相性の良い組み合わせとなります。

しかしいくら相性の良い組み合わせでも、微量ながら確実に静電気は発生します。
それを溜めておかずに足下から逃がしてしまえば、静電気は溜まりません。

そこで問題になるのが靴です。
ゴムは当然電気を通しませんから、革靴の方が良いわけです。
ゴムでも厚いのと薄いのがありますが、薄い方が良いですね。
さらに、最近は靴にかけるスプレー式の帯電防止剤などがあるようです。

最近はナイロンの回りにカーボンを付着させ導電性能を持たせた導電性繊維というものを使い、体に溜まった電気を徐々に放電してくれる製品も出ています。

ちょっとした静電気を逃がす技も会得しておくと良いとおもいます。

  • 玄関脇に植物などを植えておき、ドアノブに触る前に、植物に触る。
  • 玄関前の泥落としなどに水を張っておいて、そこを踏む。
  • 車を降りる際、いすから体を離す時にボディーに手の平で触れておく。
  • やむおえずドアノブに触るときには、指先からではなく、手のひらで一気に触る。

とにかく出来るだけ広い面積で放電することが大切です。


ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな
posted by 若旦那 at 13:44 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(2) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年11月05日

パンパさんからの挑戦!?

パンパでガウチョさん、TABASCO PEPPERさん経由の横丁の日記(2004年10月)より出題(なが!!!)

今朝、会社に出てきてブログを見てみると、kyorecobaさんから「算数の問題の回答」なるトラックバックがありました。
なんだなんだ?と見てみると、なんと、またまた難問があるじゃぁありませんか。
こりゃやってみるしかないだろ!ということで、私も回答を作ってみました。

先に問題だけ載せておきますので、我こそは!という方は、是非、続きの回答を見る前に、挑戦してみてください。

ちなみに小学生の問題ということで、小学6年生にも分かるような問題であることを付け加えておきます。

問題. 正方形の一辺の長さを1として、赤い部分の面積を求めよ。(ただし、正三角形の高さは底辺の0.866倍とする。)
パンパの挑戦図元図

さて、わかりますか?

続きを読む
posted by 若旦那 at 18:31 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(1) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年11月02日

5年考えて解けなかった問題だとぉ!!

技術系サラリーマンの交差点発、ToyPooMarty経由の話題にトラックバックです。

今日もまたぼやぁ〜〜とSharpReaderを流し読みしていたら、ToyPooMartyさんの記事に5年考えて解けなかった数学の問題がエントリされていた。

これを見たとたんに、夕方過ぎて寝ぼけていた頭が、一気にフル回転で目が覚めてしまった。

問題!

5年解けなかった問題図1中学校レベルの数学の問題。単純なようで難問。

 二等辺三角形ABCを、Aが20度かつ頂点になるように描く。
 辺AB上に点Dを、角DCBが60度になるように取る。
 辺AC上に点Eを、角EBCが50度になるように取る。
 角EDCは何度か?

 とりあえず、正確にCADで描いたりする。

だいたいこんな感じですね。

なんと文章だけで書くとあんな面倒な物も、絵に描いてしまうと、大した絵じゃないってやつですよ。

で、これで∠EDCを求めるわけですね。


一応回答を作りました。これが正解かどうかは分かりませんけどね(^^ゞ

続きを読む
posted by 若旦那 at 21:50 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(2) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年08月17日

炭酸のバカ!

お昼ご飯を食べて、会社に戻ると、2階の自宅に炭酸のジュースを忘れてきたことに気づいた。
さすがに、炭酸ごときで2階にあがりたくないので、諦めようとも思ったが、女房に頼み、2階から投げてもらうことにした。
 
2階から顔をだした女房は、笑いながらおもむろにジュースのボトルをシャカシャカ振りだした。
 
そして、2階からボトルをぽーーんと投げた。
 
受け取った私は。
 
私:ば〜か! そんなのシュワーーってならない方法知ってるんだよ!!
女房:じゃあ開けてみなぁ!
 
確か、ボトルを横に向けて、ころころころと、転がすと、あふれなくなるというのを、何かで見たので、早速やってみる。
道路にころころと転がして、準備OK!
 
私はボトルを高々と上げ、意気揚々とキャップを開けた。
 
 
…………。
 
 
大丈夫だ!!出ない! と思ったその瞬間。
どホーーーっ!!と大量のジュースが溢れて、そこら中水浸し。
 
それを見た女房は大爆笑。
 
くやしぃ!!!
なんかで見たんだけどなぁ。 伊東家の食卓だったかなぁ……
 
押してくれると励みになります!!
人気blogランキング
posted by 若旦那 at 15:20 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。