2005年04月06日

不適合発生率ワーストワンの矛盾

先日、うちの会社に前代未聞のFAXが、とあるお得意さんから流れてきた。

なんでも……

不適合発生率「ワースト1」になりました。
不適合の発生原因を追及し、改善を図ってください。
これまでの実績を踏まえ、汚名返上をお願いします。

などという内容でした。

このお得意さんは、うちがお付き合いさせて頂いている中でも、ダントツで摩訶不思議な図面を出してくるところで、うちとしては、やりたくない図面率「ナンバーワン」なのであります。

頻繁に、これは絶対に無理だろう?という図面を送ってくるので、「これはこういう理由で、絶対に寸法が出ませんから、やれません、お断りします。」と言っているのですが、「どうしてもやって貰わないと困るので、寸法が出るかどうか、とりあえずやってみてほしい」とか「出来る限り出る寸法で」とかの条件付きで、仕方なく受ける仕事が多い。

そんな品物をやっているのだから、当然寸法公差などは、出たり出なかったりだし、不良も当然でるわけですよ。

なのに、その会社から上記の様なFAXが来たから、怒り爆発ですよ。
こういう事を言われるのなら、もう絶対にやらない!ってなる。

そもそも、うちがワースト1になる原因ってのは、そっちの図面の設計に問題があるわけで、その問題点は資材営業にも再三言ってあるのにもかかわらず、品質管理からこういうFAXが来るっていうのは、お得意側の社内連絡がうまくいっていない証拠であるし、逆に「連絡不足の発生原因を追及し、改善を図って」ほしいわけである。

うちがワーストワンだ!!と声高らかに騒ぐのなら、不良率0%だった企業に、仕事を回せば良いではないか!!
それだけで万事解決だと思うのだが? 

別にうちは、頼み込んで仕事を貰っているわけじゃないんだからさぁ。わざわざ出来るかどうか分らない面倒な仕事はやりたくないってば。

結局、あちこち下請けを当たってみて、どこにもどうにも出来ない図面がうちに回ってくるわけで、そういう仕事ばかりを赤字覚悟で受けているのに、この仕打ちは無いよな。

逆に、「面倒な仕事ばかり押しつけちゃって申し訳ない。 義理と人情の発生率ナンバーワンになりました!!」って言ってくれてもいいんじゃないか??

続きを読む
posted by 若旦那 at 16:36 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年04月03日

イタリア工場視察ツアーですと!(BlogPet)

きのうフェラーリで、製造したかった。


*このエントリは、BlogPetの「Baron」が書きました。
posted by 若旦那 at 10:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年03月22日

なんか忘れてる気がする……の恐怖

ここ数日、何か忘れている気がするなぁと思いながら仕事をしていた。

3連休も、何かあったような……な〜んて思いつつ過ごしていた。

ところが、その何かを今日の夕方になって思い出した。

なんと、受注した仕事をすっかり1つ忘れてしまっていたのだぁ!!

何気なくメールを見ていて、「は!!!!」っと、突然思い出した。
まだ、催促などは来てはいないけど、思い出した今日の時点で、先方の希望納期を過ぎているという大失態(T_T)

明日からパートのおばさん含め、社内総動員でかからなければと思っていた矢先に、「明日おばさん休みだってよぉ」とか聞こえてくるし……。

結局自分で蒔いた種は、自分で片づけろということか。

さりげなく詫びのメールでも入れておこう。 大丈夫だろか??(._.)

posted by 若旦那 at 20:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年03月16日

イタリア工場視察ツアーですと!

最近会社にこの業界では超有名な団体NCネットワークから、「イタリア工場視察ツアー」チラシが入ってくる。

以前にもこちらのエントリでちょろっとお話しましたが、この団体は一般的な町工場とは、向かっている方向が違うようで仕方がない。

中国との事業提携や、中国企業の応援、紹介などなどに非常に力を入れている。
そもそも製造業の空洞化の最たる元凶が、中国への外注移転なのだ。なぜその中国への発注を促進するのだろうか。

動物でも1つの種が衰退すれば、それぞれの分布が自然淘汰されていくのと同じで、ここ最近では、日本の製造業もかなり淘汰され、それなりに商売になる状況に戻ってきた。
しかし、製造業の中にも様々な種類があり、その中には殆ど日本では仕事にならないといった業種もある。

日本の企業が弱かったといえば、それまでかもしれないが、そこにはメーカーから商社、商社から下請け工場、さらにそこから孫請け工場という日本独特の生産スタイルの崩壊が大きな要因だったように思う。

せっかく落ち着いてきた状況なのに、まだ中国提携を勧めるのか!と思っている矢先に、こんどはイタリア工場視察ツアーである。

6泊8日、エコノミー70万、ビジネス120万、ホテルは4つ星以上のホテル
目玉はフェラーリ本社工場見学……オイオイ

もうね、アフォですか?と言いたくなる。

別に海外の工場を見て勉強しましょうという姿勢は悪くないが、この景気が良いとは言えない状況の中、一人エコノミーでも70万という大金を使い、工場を見に行くという暴挙。なんという時代錯誤でしょうか。

この話を聞いた時に、お役所に良くある、視察と呼ばれる観光旅行を思い浮かべました。
(まあ、自分で金を出して行くのなら、大きなお世話なのでしょうが。)

中国の次はイタリアですか??
日本の弱小企業をどこに導くつもりでしょうか?

日本の製造業を活性化させるのなら、海外の商社や工場経営者に、JAPANESEを徹底的に紹介するのが本来の方向性だと思うのですがねぇ……。
やっているのかいないのか分らないけども、どうもその手のお話や引き合いは、なかなか聞こえてこないのが現状です。

NCネットワーク……、始めた当初は、弱った製造業を強くしようということで、随分と有意義な団体だなぁと思って、感心したものです。
ここ最近の不平等な有料化、中国支援などなど、ちょっと首をかしげる部分が多くなってきました。いったいどうしちゃったんでしょうねぇ。

人ってのは、大きな物を手にすると、別人になってしまうものですよね。

初心忘るべからず。  また、昔のように、弱小企業を応援する団体に戻って欲しいですね。

posted by 若旦那 at 10:43 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年02月18日

マトリックス的生活

先週、先々週と風邪で予定通り仕事が進まなかったのをきっかけにして、仕事が山のように溜まってしまい、それらの処理に追われている日々が続いている。

どんなに重い症状でも納期を待ってくれる業者は皆無。

周りには納期の迫った案件ばかり……。
ふと気が付くと、目の前に納期が立ちはだかり、どうにかこうにかその仕事をこなしたところで、すぐに次の仕事が“納期〜納期〜”と迫ってくる。

matrixその様子は、さながらマトリックスのエージェントスミスをやっつけるキアヌ状態(´ヘ`;)

1日では到底終わることのない量を、まさかの段取りの良さで切り抜け、納期に間に合わすところなどは、弾丸をすれすれで見切りつつ避けきる場面そのもの。

それでもようやくやっつけた仕事を後ろに見つつ、振り向けば、目の前には「私はスミスだ!!」と新たな納期が迫ってくる。

こんなことをしている間にも、納期遅れの催促電話がたくさんかかってくる。催促したい気持ちも十分わかるんだけど、その時間を製作に充てられたら、あと20%くらいは進捗が良いと思う。

催促の電話では“もう随分前に注文したのに〜〜”などと言われたりするけど、こちらにしてみれば、注文を受けた時点で、多数のスミス君が並んでおり、そいつらをやっつけている間に納期が来てしまう……う〜〜んなんて悪循環(´ヘ`;)

さ〜て、こいつらをどば〜〜っとやっつけられる、強い武器があれば良いんだけどねぇ。

映画じゃあるまいし、そんなもん無いんですよね。コツコツやっつけねば……だな。

posted by 若旦那 at 12:34 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月26日

納期何時頃になりますか?

今日、下請けの業者(仮に☆さんとします)に簡単な品物の発注をしました。

図面に「注文です。 納期は何時頃になりますか? 連絡ください」とだけ書いて、FAXしました。

それから間もなく☆さんから電話が入り……

☆さん「納期なんですけどぉ。 なに?なんじごろって……」

私「いや、あの……いつごろって書いてありません?」

☆さん「ああ! いつごろって書きたかったのかぁ。 いや、なんじって書いてあるからさぁ」

私「だから、いつ(何時)って書いてあるでしょ?」

☆さん「いや、なんじ(何時)って書いてあるよ。 頼むよ若旦那ぁ〜」

私「それ……いつごろって読みません?」

☆さん「うそぉ? そうなの? ワードでも出てくる?」

私「出てくると思いますけど……(-。-) ボソッ」

あまりに自信ありげに言われたもんで、不安になってパソコンで変換してみたりして。
そしたら、“いつ”だと“何時”で変換されるけど、“いつごろ”だと“いつ頃”って変換されるんですよね。いつごろは何時頃とは書かないんだろうか……。

こんどから紛らわしいから“いつ頃”って書こうっと(^。^)

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

posted by 若旦那 at 15:14 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年12月07日

サービスにお金を惜しむ人々

久々に個人的な愚痴など

もりもりもりあがる雲へ歩む経由でこんな記事を発見。

ITmedia エンタープライズ:「仕事でパソコン、家でもパソコン」――IT技術者が悲鳴

読んでみると、同情することしきり。
なまじっかパソコンに詳しいと、色んな頼まれごとをするもんで、一日一善じゃぁないけれど、一日一本は必ずといって良いほど、質問やら頼まれごとをする。

酷いときには皆で企んだんでは?と思うくらい、まとめて電話がかかってくる。

こういう用事っていうのは、自分の用事ならば、前もって下準備なり調べ物なりをしてあるから簡単に終わるものでも、いきなりだと結構時間がかかるものだったりする。

私は仕事柄時間単価で物事を考えるので、その用事が1時間かかれば、それ相応の代金を貰ってもバチは当たらないと思うのに、お礼程度も払うつもりが無い人が多い。

これだけじゃ、タダ単にお金が欲しいだけかよ!と思われがちだけども、事はそれだけじゃぁない。

たとえば、私がパソコンを組んであげて、ソフトなんかも全部インストールしてあげたとする。そうすると、その後のパソコンの保証を全て、私が担う羽目になったりする。当然無料だ。
そのくせパソコンを組み立てる費用をケチったりする。当然よく分らない安いアングラな部品やバルク品を付けることになる。 端子の接触が悪かったり、ドライブのヘッドが甘かったり、まあ色々トラブルが続いたりする。
その部品を取り替えるにも、またそこでケチる。悪循環だ。

ソフトがうまく動かなければ、「なんで動かない??」と言われたり、まるで私のインストールの仕方が悪いような言い方をされる。 ふざけんなと(`へ´)凸

そして、不意に電話がかかってきて、“2○万の富○通のパソコンを買ったよぉ!”とか自慢されたりする。 結局私に組み立てさせるにはお金は出せないが、メーカーパソコンになら出せるというオチだ。 どういう心理でこういうお金の使い方になるのか……。サポートの違いとでもいいたげで腹が立つ。

そして、そのパソコンがトラブり、メーカーに問い合わせをし、当然ソフトメーカー、ハードメーカーをたらいまわしにされ、結局私に電話がかかってきたりした日には、机をひっくり返したくなる心境に駆られる。

メーカーのたらいまわし式サポートにはお金を惜しまずに払うのに、私のような親切なサポートには1円でも節約したいってのは何なんだろう。

そんな訳で、最近は質問などでも、お断り口調になっちゃってます。というか、ネットで調べられることは、自分で調べろと。ちょっとしたトラブルはGoogleで調べれば、殆ど解決しますから。

ということで、心あたりのある方々はこちら脱!教えて君同盟を参考に、自力で問題解決できるようがんばりましょう。

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな
posted by 若旦那 at 18:47 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年07月21日

もう忙しすぎ・・・(:_;)

もうね、忙しすぎ。
ネタがあっても書けない状態

とりあえず、なにも更新も無いと嫌なので
posted by 若旦那 at 11:04 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年05月31日

図面屋は間違いやすい図面を理解すべし

アイリオーシャンさんからこんなコメントをいただきました。
ある会社の図面ですが、その図面で3人が3人とも同じミスをしたことがあります。はっきり言って図面が悪い。

その会社で追加工図面を社内で加工したら間違えたので、その図面を外注さんにFAXして特急で加工したら同じミスをしたらしい。

もう、絵描きが悪いとしか。。。
やたら特急だの追加工だの多くて、図面書くのが遅いのか下手なのか。機械設計はしたこと無いのでよくわかりません。

これも良くある話ですよね。

アイリオーシャンのとこではこういう図面は少ないとのことですが、逆に私の会社では、こういった図面ばかりが集まってきている状況です。

日ごろから単品仕事ばかりを請けているので、どうしても無理のある図面やいい加減な図面が多いです。

よくある悪い図面No.1は寸法抜けです。
次は寸法間違いですね。
寸法抜けと似ていますが、間違いのがもっと厄介。
表加工が終わって、裏の加工に入ってから、全長やらのつじつまが合わなくなって、ようやく間違いに気付くというのが一般的。
工数が倍になるくせに、大抵の図面屋さんは「すみませんでしたぁ」の一言で終わり。おいおい、単価上げてくれないわけ?って思う。

あとは、寸法の追い方が標準化されてない新米の図面もよく間違います。図面的にはまったく間違ってはいないんですが、なぜか加工に入ると、誰しもが何度も不良を出す。
基準の取り方が変則的だったり、寸法を置く位置が不思議だったり、計算機をたたきながらじゃないと、加工がままならなかったりと言い出したらきりがない。

是非図面屋さんには、加工を3,4年やっていただくのが、日本の製造業界にとっても良いことではないかと思いますねぇ。

応援よろしくです!
人気blogランキング

週間ブログ王
posted by 若旦那 at 15:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年05月27日

「うちはハンズと違いますって」のその後

うちはハンズと違いますってのその後のお話。

結局、材料支給で工賃のみで受注した、例の品物ですが。。。

その後送られてきた材料を見てみると、大きなパイプと、樹脂のムク材がひとつ。なんか足らなくない?っていうか、ぜんぜん足らない。きっと別便で残りは送ってくるのだろう

          ・
          ・
          ・

納期2日前になっても届かない。おかしいねぇ。と確認の電話を入れてみると、支給材はこれだけとのこと。「え〜?話ちがくないですか?」と細かく聞いてみると、どうも社長との話の食い違いがあったらしく、向こうはこれだけの材料支給ではじめから話をしていたとか、なんとか。
え〜〜〜?そりゃなんでもおかしいって。
だって、話の筋からしても、この材料を支給しただけで、半額以下の値段になるほうが普通じゃないじゃん!!
な〜んて言っても、大抵こういう話は、言った言わないになって聞き入れてもらえないのが、孫請けの辛いところ。
なにやってんだぁ、社長!!

結局、材料を急いで頼み、加工に入ることに。

加工に入ってみると、支給材が思いのほかでかく、切断したりなんだかんだいらない用事が増えてしまい。最初からこの材料含めてうちで面倒見たほうが良いような気がしてくる。

通常よりもかなり時間をロスして、納期1日送れでどうにかこうにか納めた。どうしてくれるんだ、この赤字分を。
(このせいでブログの更新も少なめだったりしたしさ)

納品に行くと、あんなにうるさかったユーザーさんも、思いのほか人当たりが良くて、サテンでコーヒーご馳走してくれたりして、帰るときなんか、俺、腰低くしちゃって、愛想笑いしたりしてさ。。。
いやぁ〜〜いい人だったぁ・・・って。俺って騙されてます?

こことかここをクリックで応援よろしくぅ

posted by 若旦那 at 23:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年05月13日

うちはハンズと違いますって

アクリル水槽の見積もりが来た。
材料で10万以上、加工あわせて20万はするであろう品物。
当然見積もりもその程度で提出した訳だけど、その後すぐにお得意さんから電話が入り、一言、「高いんだそうだ・・・」とすごく機嫌が悪い。

よく話を聞いてみると、ユーザーさんの話によると、こんなアクリルのケースなど、材料はハンズにいけばあるし、切断だってハンズで1切り50円だから、切断料は数千円のはず。その後の接着だって、2時間くらいあれば接着剤でちゃちゃちゃ〜だよ。こんなに高いなら自分でやるよ。と言われたそう。

ここまで言われた時点で、もうやる気なくなりましたよ。と、お得意さん。

そうなるのもわかる気がする。
せっかく図面を書いてまで見積もりして、これじゃ図面代までもらえなくなるんだから。
悔しいから全部材料支給で工賃のみでどうだ?と話をしたら、その方向で決まったらしい。

でもね、φ200を超えるパイプとか、もろもろを含めると、絶対にハンズじゃそろわないでしょって思うし、ハンズのノコギリ切りっ放しじゃ絶対に水槽にならないって、おそらく漏れちゃってだめだよ。
DIYとプロの仕事を一緒にされちゃ困るよまったく。
posted by 若旦那 at 19:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2004年04月17日

最近の図面はなってないよね

ここ数年CADが飛躍的に普及した結果、図面の質が落ちたように思いう。

まず第一に寸法の入れ忘れ
気軽に寸法をひょいひょい入れやすくなったせいか、ずいぶんと気軽に寸法を入れ忘れてくれる図面屋が多い。しかもそういうのに限って急ぎ。しかも問い合わせると当人は有給で休みとかね。最悪だよね。

それと、寸法も見づらい。もっと見やすいところに配置すべきところを、CADの自動配置に任せてしまって、実線と重なる寸法がかなりある。
図の配置もかなり変なのが多い。側面図をひとつ足せばすむものを、無理やり寸法をあちこちに入れて、なにこれって図面になる。

分かりにくい図面は当然読むのも遅くなるし、見積もりも高くなる。これ当たり前。見積もりの文句を言って値段を勉強させる前に、もっと図面の勉強をしてほしい。

おまけに最近はむやみやたらに公差がうるさい。下手をすると図面のどこを見ても±0.02だったりする。もうアホかと。あなたの設計する製品は一発で組み立ちますか?と聞きたくなる。こういうところに限って検査が異常にうるさい。(この件はまた改めて書きますが) ±0.1のところを0.01入ってませんとかって帰ってくる部品があったりすると、おいおいって気になる。C面が0.05大きいとかって言われたこともあったな。だから?って言いたくなる。

と、図面についてあれこれ書いてみました。
書き出すとどんどん横道にそれだすので、それた分はまたタイトル分けて後日書きますね。

それでは、世の設計者の皆さん、より良い図面作りを目指してくださいますとともに、お互い良い品物作りを目指しましょう! お粗末。
posted by 若旦那 at 03:56 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プログラム流用で失敗・・・あるある。

プログラム流用での失敗の話は良くあるある。

今回私がやっているやり直しの品物も実はそう。

4種類の部品があり、それぞれちょっとづつ図面が異なっている。150以上の寸法があり、どこがどう違うかを見つけるのはほとんど子供の間違い探し状態。
同じような図面だから、当然プログラムも流用するし、ぱっと見絵が同じならば、寸法も同じなのねとか思ってしまう。

ところがどっこい、穴の位置が0.5ずれてますよとかって落とし穴はありがちだよね。
あれってば、うまい表現方法ないのかね。
この図面から、こことここを変えたのがこの図面ですよみたいなね、改訂マークとかで書いてくれると助かるんだけども、厳密には改訂じゃないからねぇ、、難しいねぇ。
posted by 若旦那 at 03:43 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。