2005年11月29日

戦略MGセミナーに参加

日曜日にうちの会社で使っている税理士事務所主催の戦略MGセミナーってやつに参加してきました。

朝9時半から始まって夕方6時までという、ほぼ丸一日つかった鬼のようなスケジュールで、最初はやめようかなぁ……とか思いましたが、税理士の強い勧めに押され、渋々参加しました。

戦略MG(マネージメントゲーム)とは、経営の考え方・新しい視点・経営計画・財務損益・経営分析等をすることを目的とした経営シミュレーションプログラムだそうで、手っ取り早く言うと、ゲームをしながら会社経営の考え方が学べちゃいますよ!ってなものですね。

ゲームの内容は、自分が架空の会社の社長になり、経理、人事、製品の製造販売をこなして黒字経営を目指すというものです。Capitalismという経営シミュレーションゲームがありますが、それをポイントだけ抜き出してボードゲームにしたような感じです。(って、凄くマイナー過ぎて分りずらいかも)

で、ただゲームをするだけなら、それこそモノポリ-Catanでもやっていれば良いのですが、それはそれ、税理士事務所の主催らしく、ゲーム内で起こった様々なやりとりを現金出納帳に書き込んでいき、最終的に期末の決算報告書を作るようになっています。

実際、ゲームをするのは簡単なのですが、この決算報告書をまとめるのにかなりの時間を要します。
簿記をやったことがあれば分ることですが、最後の計算が合わないわけですよ。合わなければ先に進めませんから、その作業が大変です。

第1期目はインストラクターと一緒にみんなで同じ行程で会社経営をします。
まずは人を雇い、材料を購入し、製品を製造して、販売します。そして決算報告書をまとめる訳ですが、結果赤字な訳です。1期目を赤字で終了した段階までは全員が同じラインで、ここからスタート地点で独自の経営をしましょうというという段取りでした。

第2期目は事故が起きたときのために、保険に入り、仕入れ、製造、販売に有利なオプションなども導入し、研究開発なども利用して、少しでも製品を売る事を目指しましたが、いかんせんなかなか売れません。ライバル会社も同時に販売に入札してくるので、値段を下げないと売れないのです。2期目と言えども各社長は始めて値決めをするわけですから、適正価格が分らないために、価格を下げまくり(´ヘ`;)
決算報告書をまとめてみると、1期目よりは良かったものの、やはり赤字でした。

第3期目は2期目にやったことに加えて、さらに、仕入れを徹底的に安い所から購入し、製造も機械にオプションを付けて製造出来る個数を増やし、販売では広告を打って販売数を増やしました。そして、入札の際に有利になる研究開発を複数行い、競争力をつけました。
その甲斐あってか、決算では見事に黒字経営になりました(^。^)v

第4期目は気をよくして、もっと大量生産を狙おうということで、大型機械を導入して臨みましたが、販売が軌道に乗る前にタイムアップしてしまい、結局若干のマイナスを出してしまいました。
この4期目はみんなが同じ傾向に走ったようで、ほぼ横並びで赤字という結果になっていましたねぇ。面白いもので市場というのは、好景気と不景気が交互に現われるんですよねぇ、ゲームの中でもこういう風になるのだから、現実もそうなんだなぁと再認識しました。

最終的に一番赤字の少なかったのは私だったらしく、お終いに最優秀経営者賞なんてもんを表彰されちゃいまして、次回のMGセミナー無料券だの、割引券だのを貰って気分良く終了しました\(^_^)/

ていうかね、私は無類のシミュレーション好きなので、こういったゲームでは好きな方で、比較的早くに攻略しちゃうんですよね。小さいゲームの中でのマーケットでは簡単ですが、じゃあこれを実際の会社経営で実践できますか?と言われると、色々と問題が山積みで上手く運ばないのが現状です。
それでも、儲けを出すには何が必要か?という根本は変わらないわけで、極力無駄をなくし、安く仕入れて高く売る。これに尽きるんですよね。


posted by 若旦那 at 09:43 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。なんか変わったことやってるんですねぇ。
しかし事実はゲームより奇なり。実際の経営はリスクがてんこ盛りだもんね。
ここ1〜2年の自社環境からもそうですが、最近の耐震偽装問題には改めて「リスクヘッジの重要性」ってもんを考えさせられてますですよ…。(-o-)y-~
まぁうちんとこも実は構造設計を手がけつつ(汗)大きな影響は今んとこないようなのが救いですが〜、どうしても熱心にニュースチェックして色々考えちゃいますね。
Posted by kuu at 2005年11月30日 16:31
■Kuuさんへ
お久しゅうございますm(__)m
大丈夫ですか? 色々と……。心配しておりますよぉ。

さて、耐震偽装問題については、殆どの人が感じているように、氷山の一角であろうと思っています。
渦中の方々の態度を見ても明らかなように、「何が悪いの?みんなやってんじゃん?」という感じですからね。

恐らく、今後次から次へと色んなビルが使用禁止、取り壊しになるんだろうなぁ……と思っています。
せっかく景気が上向いたところに、何やってんだかという感じですよ。
しかし、最近のマンションはウソだろ?ってくらい安かったりしますしね、それこそ賃貸より買った方が得だよ?とかってのが常識っていうのもオカシイ話しですからね。
安い物件を買えばそれだけリスクが伴うっていうのは、世の中の流れとしては当然だったという事でしょうかね。

今回のセミナーの参加者の中に、奇遇なことに件のマンション所有者がいて、説明会があるとかで途中退場していました(T_T) もう、ご愁傷様としか言いようがありません。
Posted by 若旦那 at 2005年11月30日 17:12
いやちょっと待て、
> 「何が悪いの?みんなやってんじゃん?」という感じ
って、うちはやってないよマジで。(汗)
でも一部がやるとそういう風に世間には疑念を持たれちゃうんだよね…
真面目に苦労して頑張ってる同業に迷惑かけんなボケがぁぁぁ!!!!
…と、これが正に企業の『外部環境リスク』(の一つ)というやつです。

渦中の方々の態度、については私はこう見てますよ。
「うちだけが悪いわけじゃない」
「(他が皆責任否認してるのに)まともに認めてしまったら自分だけ悪者扱いにされかねない」

昨日の国会審議でも話が出てましたが、聞いた話によると、いわゆる「経済設計」の要求というのはそれなりにどこでも(?)あるようです。
設計の詳しいことはわからんが、おそらく設計のやりようによってある程度コスト減が可能なんだろね。
ただそれが「建築基準内(の経済設計)」か否かが大きな分かれ道であると。
客観的に言ってしまえば今回の件は、「安値競争の行き着く先」という感じがしますねぇ。
売価を安くするには、原則利益を減らすか各種コストを下げるかしかないんだもん。
そして薄利で経営に泣いてるのがうちの会社ですことよ。(TOT)

しかし、多少は救済策も上がってきてるようですが、事の運びが悪者探しばっかになってるのが気がかりよ。
「潰れて貰っちゃ困る」つってたって、企業は存続してりゃ費用が発生するんだから長引けば長引くほど(計画倒産でなくても)内部留保も食い潰して倒産、という最悪のケースに向かっちゃうでしょ。金の湧く泉があるわけじゃないんだから。
まず被害の全てを掴むのと救済策の検討が大事、という気がするんだけどなぁ。
Posted by kuu at 2005年12月01日 20:13
・ソ・、・ラ、菘マー隍ヌ・・ャ・゙・゙ク。コ。ヌスナコワ。ェ。「・サ・テ・ッ・ケ、ケ、、ハ、鬢エカ眇熙ヌ。ェ
Posted by ・サ・テ・ッ・ケ at 2008年08月30日 06:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。