2005年07月25日

古きよき時代のドット絵

先日、おもちゃショーがありましたね。なんでも、今のホビーの主なターゲットは30代なんだそうです。
リバイバルゲームのオンパレードです。

人生ゲームやお化け屋敷ゲーム、ボールを落とす生き残りゲーム、ゲームウォッチ、野球版、ルービックキューブ、そして、、、アメリカンクラッカー!

もう、名前を聞いただけで、「ああ、流行った流行った〜、学校に持ち込み禁止になったよなぁ」と思わず納得しちゃうゲームの数々。

思い返してみれば、昭和のゲームは良いのが多かったなぁなんて思ってしまいます……な〜んて思っちゃうのは歳のせい?

うちでは子供とパソコンもしつつ、お父さんはこんなゲームで遊んでたんだぞぉと、人生ゲームを持ってきたりして、できるだけコミュニケーションをできる遊び道具で遊ばせるようにしています。
ま、それが正解かどうかは分かりませんが、最近の暴力万歳なゲームを与えるよりは、ましと思ったりします。その流れでのCatan、モノポリーというのも遊んでいたりします。

さて、そんな中、面白そうなアイテムを発見しました。それがこいつ

ドッツ ディグダグ
B000A0ZQPO

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 昔懐かしいドット絵を、ブロックを組み立てるように、ピンを差して再現するというものです。

いやぁ!!欲しい、、、今すぐやりいたい! と思ったのですが、そばに売っているお店があるわけでもなく、通販だと届いたころには、この熱が醒めちゃってるとも限らない……。

そんなら、自分で作っちゃえ! ということで作ってみました。

といっても、本物じゃなくて、仕事道具のCADで(^_^;)

パネル、ベース、ピンなどをひとつずつ、大体の大きさで設計し、一つ一つ実物と同じように組み立ててみました。

s-dig dug-mappy.jpg 

本家サイトには無いセットも作ってみました、ニャームコ(右ね)、私はこのゲームが一番すきだったもんで(^_^;) ぴょんぴょんね、跳ねる感覚が最高。

正直、めちゃくちゃ時間かかりました。本物買ったほうが圧倒的に早く出来上がりますね。
ということで、ちょっと方法をかえつつ、もうひとつ同じねたで作ってみました。

s-mappy002.jpg 

今度は主役のマッピーです。

が、、、だめですね。やっぱし時間かかります。
Mappyのゲーム探して、画像を拡大して、ドットを拾いながらなので余計でしょうね。

そのほかゼビウスとかも作りたいなぁとは思いますが・・・多分、パネルが1枚では駄目そう。

ということで、是非皆さんも古き良き昭和の芸術、ドット絵を堪能してみたらどうでしょうか。


posted by 若旦那 at 00:21 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コレ、うちの弟が買ってきてやってますよ〜
弟は秋葉のゲーム屋で働いているのでこういうのも扱ってるんですって。
別に興味なかったんですが、若旦那の記事を見てやってみたくなってしまいました。
「罪づくり本音ブログ」ですね( ̄ー ̄)ニヤリ
Posted by 三代目新星 at 2005年07月29日 03:15
■三代目新星さんへ
なに! ゲーム屋さんで働いてるですと!
それって、社割でゲーム買えたりするんでしょうか?!

次回散髪の時に交渉しましょうぜ( ̄ー ̄)ニヤリ ふふふ
Posted by 若旦那 at 2005年07月29日 09:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5335820

この記事へのトラックバック

ドット絵の描き方基本2 〜色塗り〜
Excerpt: さて、前回の続きです。 前は、スライムの輪郭を描きましたが、今回は色付けです。 これは簡単ですね。色を選んで「塗りつぶし」で塗り潰します。 スライムなので青っぽい色で塗??
Weblog: ブログでなんとか講座
Tracked: 2006-03-23 16:07

ルービックキューブとは
Excerpt: ■ルービックキューブとは? ルービックキューブとは、立方体で、面に平行に自由自在に回転させ各6面の色それぞれを同じにするというパズル。 札幌の東急デパートで、まだ売り場に出ていないもの..
Weblog: ルービックキューブ攻略法・解き方のコツ
Tracked: 2006-10-17 16:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。