2005年07月06日

偽りの民主主義

郵政民営化法案がとうとう衆議院で可決されましたね。 残るは参議院での決議となるわけですが、今までの経緯からすると、参議院での否決は難しいのかなぁ……という気がします。

個人的には、圧倒的なメリットが見出せない状況での民営化には反対です。おそらく民意という側面から見れば、本法案は否決されるべきという声が多いように思います。

で、、、民営化が良いとか悪いとか、メリットデメリットなどは別として、今回の決議の様子には腹が立ったというかなんというか……。

そもそも民主主義の軸である、多数決とはどういうものでしょう。ひとつの事柄に対し、賛成であるか反対であるか、手を挙げて、人数の多いほうの意見を採用するってことですよね。

ところが、今回の決議はどうだったでしょう?

反対側議員を賛成側のお偉いさんが料亭で集まって説得、議場でもお偉いさんが囲んで説得……。 執行部の脅し、恫喝、誘惑などなど、あらゆる手を使って、賛成側へ引っ張り込む作戦です。

その結果が今回のギリギリの可決につながったわけです。

そもそも党議拘束なんてものがあること自体がおかしいわけですよ。そんなものの為に自由に自分の意見がいえない議員が増えるわけで。
もし党が間違った方向に進んでしまっても、反対することが出来なくなります。

だってそうでしょ、多数決で決まるんだから、多数派の与党が党議拘束をかけてYesといえば、もうその数を上回るNoはありえないわけですからね。

今回、反対派の議員が賛成に票を入れた議員には、国民の利益などはまったく頭にはなく、今後の自分の身の振り方、次の選挙、役職で頭の中はいっぱいだったはずです。

そんな奴らに国民の未来が託されているなんて……不幸なものです。

本当の意味で、この法案が国民にとって、良いのか悪いのか、そういう政治の原点に立って、自由な投票が出来ないでどうするんだよって思います。

この法案可決を予想して、アメリカがいろんな動きを見せているようですが、本当に大丈夫なんでしょうか? 本当は小泉さん、日本がどうなっちゃっても、どうでもいいんじゃないでしょうかね?

ここから、コメントを受けての追記で〜す。


■通りすがりさんのコメントを受けて
そうですね、日本政治はず〜〜っとこの方法でやってきたんですよ。
もう、政党政治、派閥政治を根本から考え直さないと駄目な気がしますね。

法案に反対している議員の中には、反小泉ということで反対している方もあるでしょう。自民党が小泉さんを総理にしたのも、政党内で色々な戦略があったことでしょう。それはそれで、私は良いと思っていますよ。
誰が総理になったってかまいませんよ、ただ、人それぞれ物事の考え方には違いがあるわけだから、そこで意見をぶつけて議論をすればよいわけですよ。
要は総理が間違った指針を示すときもあるわけで、それはそれで間違いを指摘しつつ、正しい方向に向かっていけばOKなんじゃないか?って思います。

そのチェック機能が党議拘束というシステムで、機能しなくなってしまっています。
いや、党議拘束が悪いんではなくて、党議拘束を利権獲得に利用している議員が悪いんですよ。

だからって、小泉反対一辺倒で行動する議員はどうか?って思いますね。

■marchさんのコメントを受けて
安部氏の説得を受け
「安部さんのために出来る限りのことはするつもりでおりますが、ここは私の信念を貫かせていただきます、申し訳ありませんm(__)m」
といったそうです。
あの次期総理の呼び声の高い、安部氏の説得を振り切って青票を投じるなんて……。
明らかに反小泉派ではない人が、歯を食いしばりながら青票を渡す姿に、凄い気迫を感じましたよ。

■Kouさんのコメントを受けて
前にも書いてありますけど……
党議拘束が悪いんじゃなく、それを利用して人を動かす奴が気に食わないです。
きっとポストをちらつかせて説得をしたんでしょう。 そんなもので得たポストがなんだというんでしょう。
造反した議員の名前をニュースで流していますが、私は反対から賛成に寝返った議員の名前をしりたいですね。
絶対にその議員を応援したくないですからねぇ。

それにしても、本当に説明が足らないですよ。
そもそも国会中継なども見る機会が少ないわけですから、ニュースから情報を得るしかないじゃないですか。そこにはすでに、ニュースの編集というフィルターがかかっているわけで、本当の意見交換というものを見てないんですよね。
きちんと国民に向けて、理由や経緯を説明する場があっても良いと思いますよ。
出来るなら、国会中継のビデオ録画を24時間流してくれているチャンネルがあると良いのになって思います。で、TVタックルみたいな番組もその局で積極的にやってもらって……。ついでに視聴者参加型の番組にしたり、そこでの調査結果が国会に正式に影響を与えるようになっているっていうのもいいかもしれません。

民意を正確に国会に表してくれるはずの議員があんなですから、ここはもう国会に民意を取り入れる工夫をしないと、政治は良くならないような気がしますねぇ。

posted by 若旦那 at 08:59 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔から自○党がやってきてる事ではないですか
やり方はかわらないよね
Posted by 通りすがり at 2005年07月06日 09:06
最後の最後まで本会議場で(しかも小泉さんの真後ろで)説得されてた若い議員さんがいたでしょ。
名前忘れちゃったけど「今回は自分の意思を貫かせてください」って言って、自民党で最初に青票出した人。
ああいうのが本当の議員だと思うんだけどね。

解散総選挙にビビって自分の意見が言えなくなる議員がいる国って…。
次の総選挙で当選する自信がない=たいした議員じゃない、ってことでしょう。
それよりか、事前に辞表出した副大臣とか、よっぽど説得力あるよ。
それも辞表受け取らないで罷免にするっておかしな話だけどね。
子供の仕返しじゃないんだからさぁ。おとなげない。
Posted by march at 2005年07月06日 09:15
Moo-TblogのKOuです。
党議拘束というのは政党政治というシステムで行う以上、良し悪し両面を持ったものですよね。逆にこれがないと、政党政治というシステム自体が崩壊する。

なにをもって拘束するのか?利権で拘束するか?道義をもってか?

本当のところはどうかわかりません、実際は。
でも「利権でやってんだろ?」と思われているという勘違いが発生している時点で問題なのでしょうね。

マウチさんが説明不足だと言っていましたが、こういう意味での説明(つまり国民が安心できる相手だと思わせるための説明)がないのは、議員さん達にとっても不利益だと思うのですが…。
Posted by KOu at 2005年07月06日 10:28
ってか
総理はこの法案を何年も前からず〜〜〜〜〜と言ってのに、総理に担ぎあげてるのにこの法案は反対ってオカシイだろ
後総理は自民党をブッコワスって宣言してたじゃないか
反対ならその総理を何故おろさなかかったんだ?
後反対派閥は自分の選挙の時の票集めの為に反対してるような気がする
Posted by 通りすがり at 2005年07月06日 11:28
皆さんコメントありがとうございます。

長くなっちゃいましたので、コメントへの返信を本文へ追記しました。
Posted by 若旦那 at 2005年07月06日 13:02
国民のための政治希望・・・
なんか、議員の私利私欲丸見えで選挙も行きたくなくなる(笑)
Posted by Ponta at 2005年07月07日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4869268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。