2005年05月28日

すげ〜よタイガー&ドラゴン(猫の皿)

ここでタイガー&ドラゴンのお話をするのは始めてですが、ドラマをあまり見ない私には珍しく、ハマっているドラマの一つです。

今回は猫の皿という噺。 とりあえずこんな噺です。

骨董を探して旅をしている男がおりました。
とある茶屋に入って疲れを癒していると、ふとそこに一匹の猫が。
その猫は餌を食べているのですが、その餌入れに使っている皿というのが、なんと「高麗の梅鉢」という、それはそれはとても高価な皿。

さては、この店主、この皿の価値を知らないな。

男はこの皿を手に入れるために一芝居打つことに。

よしよし、こっちこい、おお、可愛い猫だ。 よ〜しよし(^。^)

お客様、あんまりそいつは構わない方がいいですよ。なんたって毛が抜けて仕方ないんですから。

な〜に、いいんだよ。
実はうちのかみさんが猫をほしがっててねぇ。
そうだ、どうだいおやじ、この猫を俺に売ってくんね〜かい?
いや、タダってわけじゃぁねぇ。
3両でどうだい、小判3枚で……。

いややや、そんなに頂くわけにはいきません。

いいんだよ、俺はこの猫が気に入ったんだ。ほれ、この猫もいいっていってる(^。^)

そこまでおっしゃるなら、有り難く頂いておくことに致しますm(__)m

お、それはそうと、おやじ、この皿で餌をあげていたようだが……。
猫ってもんは相当神経質で、皿が変わると飯を食わないっていうから、この皿も一緒にもらってくよ。

いやあ、それは困ります。こっちの別の茶碗でも餌を食べますから、こちらを。

なにいってんだい、3両も払ったんだ、このくらい持って行ってもいいだろう。

いやね、お客さま。そんなところに置いてありますが、この皿は高麗の梅鉢といいまして、ゆうに300両はくだらない代物でございます。

じ……じゃぁ、あんた、な、な、なんでそんな高価なもんで、猫なんざに餌くわしてるんだい……。

へぇ、お客様。不思議な事があるもんで……。

こうしておくと……時々猫が3両で売れるんですm(__)m

とまあ、こんなお話。

さげを聞いた段階で、がははは〜〜!と笑うと共に、なるほど、と唸ってしまいます。

今回のタイガー&ドラゴンはこの猫の皿と竜二の噺家だった頃の逸話が絶妙にリンクする。

落語協会の会長の小しん(小日向文世)は人情話を得意とする落語家で頭が硬く、虎児のような型にはまらない落語家を認めたくなかった。なもんだから、小しんとどん兵衛、馬場彦は犬猿の仲。
そんな小しんに反抗する改革派の高田亭馬場彦(高田文夫)は虎児、竜二を組ませて、ビジュアル系落語をやらないかと持ちかけるが、どん兵衛は破門にした竜二に落語はやらせないと猛反対する。

そんな中、馬場彦の提案で「素人お笑いスカウトキャラバン」なるものが開催されることになり、肩書きに弱い小しんは審査員長を勤めることになる。

この小しんと竜二のあいだには、とある因縁があった。竜二が真打ち昇進をかけた独演会で、「小別れ」という演目をやることになり、当時小しんの弟子だった竜二は小しんからこの「小別れ」を教わることになっていたが、来る日も来る日も小しんは「猫の皿」しか教えてくれず、ようやく「小別れ」を教えてくれたのが、独演会前日。
当然1日で覚えられるはずもなく、独演会は散々な結果に、竜二は恥をかいてしまい、これがきっかけで竜二は落語家を辞めてしまう。

これを聞きた虎児は、常々竜二に噺家なったほうが良いと思っていたこともあり、竜二がほしがっていたビンテージジーンズを商品にすれば、スカウトキャラバンに参加するのでは?と考える。
そして、そのジーンズがめでたく3位の賞品として発表されることになり、竜二も参加することに合意する。
(なぜか3位という設定が、竜二には1位がとれるはずがないという、虎児の予想も入っていて笑える。)

スカウトキャラバン当日、竜二は審査員に小しん、どん兵衛がいることを知らずに出演。舞台の上でそれを知り、固まってしまう。
しかし、ここで竜二はなんとあの因縁の「猫の皿」をはなしだす。
(まあ、西田敏行の猫の皿がめちゃくちゃ上手かっただけに、岡田君のはちょっと……って感じだったけど、まぁ年齢も考えたら、仕方ないのかね。それにしても西田敏行は凄いね。)

演目が終わった後、し〜〜〜んとした静けさの中、竜二をスカウトしたのは、なんとどん兵衛(^^ゞ
ということで、どん兵衛が息子の落語家復帰に賛成するという形で一件落着。
どん兵衛と小しんもこれを機に、少し仲直りという雰囲気。
さらに竜二は優勝してしまい、ジーンズを取り損ねてしまうというオチ付き\(^_^)/

その後、いつもの純喫茶「よしこ」で竜二はどん兵衛に、こう食いつく。

なんであんな高価なジーンズが賞品になってるんだよ!!
さては、俺があれを探してたのを知ってたな!

へぇ、こうしておくと……ときどき面白い素人が、タダで釣れるんですm(__)m

なるほど!!! と納得するとともに、大爆笑。
そして、素晴らしすぎるお話のできばえに、なぜか涙目に……(^^ゞ

なんだかんだ随所に散りばめられた遊び心に笑いつつ、それでいて、感動する場面をドスンと打ち込んでくるあたり、宮藤官九郎、あんたはすげ〜や!!

posted by 若旦那 at 17:06 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(5) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
俺もTBさせてもらいます。

いやぁ〜、本当に今回の話は面白かったですよね!
ラストのオチも個人的には久々にビシッと決まった感じがしましたし、
やっぱりクドカンさんは凄いなぁ〜と、改めて思いましたよ!!
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年05月28日 17:55
タイガー&ドラゴン、毎回とは言えませんが、観てます。
ドラマでは最近落語が流行ってるそうですが、現実もそうなんでしょうか?
みどりかわの周りでも落語に接している人が増えています。もっとも若い人達ではではないんですけど。
人前で話す機会が増えると、やはり多少の笑いが取りたくなりますよね。
笑いを取るというか、場を和ませるといったほうが良いか。
そんなわけで、落語って本気で聞いてみたいと最近思うようになりました。

ちなみにクレイジーケンバンドの主題歌「タイガー&ドラゴン」の、♪トンネル抜けるれぱ〜 の町が、みどりかわの地元です。
Posted by みどりかわ@ミナロ at 2005年05月29日 00:00
■フェイク・ヒーローさんへ
今回のオチ、、たぶん落語のお話なんで、サゲっていったほうが良いかな?
前段階にも色々感動する場面があり、泣かせるなぁと思っていたところへ、あの見事なサゲがあったもんだから、面白いのに涙ぐんでしまいましたよ。

■みどりかわ@ミナロさんへ
父の飲み友達に落語家がいまして、今までは全く興味が無かった私ですが、こんど、近くで寄席をやるときにでも見に行こうかなぁなんて思っています。
それと、落語は聞いているうちに、話の間というのがつかめてきますので、落語好きな人は人と話すときにも独特の間があって、雰囲気というか貫禄が出てきますよね。

それにしても、あの主題歌ですが、私は和田アキ子にしか聞こえませんでしたね。
クレイジーケンバンドと聞いて、なるほど〜と変なところで関心(^^ゞ
ここのところ売れていない和田アキ子さんなので、ケンバンドプロデュースの和田アキ子歌ということで売り出せば、久々のヒット曲間違いなしだったのにねぇ。
中途半端な歌謡曲ばっかし歌ってないで、こういう斬新なタイアップを考えれば、歌手生命も伸びるってもんですがねぇ……\(^_^)/
Posted by 若旦那 at 2005年05月30日 10:57
近くに落語家が居るとは良いですね〜。
子供の頃は日曜日に笑点が始まるとなんだか寂しい気持ちになったのを思い出しました。
「日曜日が終わっちゃう〜」ってね。

それが今じゃ落語を聞きたいって思うのだから、年取ったのかな〜

ケンさん確かに歌い方が和田アキ子です。

Posted by みどりかわ@ミナロ at 2005年05月31日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

タイガー&ドラゴン 第7話 『猫の皿』
Excerpt: 今日の『タイガー&ドラゴン』も面白かったですね! オープニングのデスきよしもほんのチョイ役ながら良い味出してたし(笑)、高田文夫先生なんて演技をしているというよりも『ラジオ・ビバリー昼ズ』の本番..
Weblog: Entertainment Theatre
Tracked: 2005-05-28 17:56

金曜日は早く帰るのも悪くない。
Excerpt: なんだか今週はすごい長かった。 金曜日は、ストレス解消の日。 だらだらお酒を飲んだり、話をしたり、家になんて帰りたくなかった。 だけれど、今日は帰って正解だった。 「タイガー&ドラゴン」 ..
Weblog: Hima Range-R Blog
Tracked: 2005-05-28 19:53

タイガー & ドラゴン #7 「猫の皿」
Excerpt: タイガー & ドラゴン第7話「猫の皿」が放映されました。 タイガー & ドラゴン 今回の特別出演?は 小日向文世さん。落語芸能協会・会長ということ..
Weblog: よいこの日記
Tracked: 2005-05-28 21:12

タイガー&ドラゴン
Excerpt: 第7話「猫の皿」竜二復活の回でしたね。今回も小ネタが満載でしたね。落語の時の阿部サダオの猫は間違い無く、劇団四季のキャッツでしょう? また、ヒロシが出てましたね。基本的には泣かせる回でしたね。..
Weblog: バニラ・スカイ
Tracked: 2005-05-29 07:30

口上 と 「タイガー&ドラゴン」 猫の皿
Excerpt: こんばんは。 私、管理人の焼津半次と申します。 今回は冒頭にて口上を申し上げたく、少々お時間を頂戴したいと存じます。 本年3月より、この「すりこ木日記」なるブログに挑戦させて頂いておりますが、 おか..
Weblog: すりこ木日記
Tracked: 2005-05-29 19:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。