2005年01月17日

ロボットバトル世界一決定戦、ようやく放送

去年ワールド☆レコーズで先延ばしになっていたロボットバトル世界一決定戦が、ようやく放送されました。

登場したロボットは以前大敗をしたマジンガアと、Robo-oneで無敵を誇るビッグ九武です。

マジンガアの方は操縦者の体力不足を、子供に操縦させるという方法で克服。見たところ明らかに動きが早くなっていました。操縦者が機敏になったのもありますが、恐らくモーターを変えたような気がします。

前回アフロにまさかの敗北した九武は、全体を巨大化させたビッグ九武を登場させました。大きくすれば、モーターへの負担は大きくなり、オーバーヒートを起こしやすいと思いますが、それはさすが九州大学ですよ、各構造部品にしっかりと肉抜きがしてあって、軽量化がされていました。
ああいう部品を見るたびに、うちで作ればもっと軽量化&強化できるよなぁと思ったりする(^^ゞ

肝心の勝負の結果は、マジンガアが粘りに粘ったものの、やはり九州大学強しといったところでしょうか、3−2でビッグ九武の勝ちでした。

で、注目は近藤科学のKHR-1をプレゼントするらしいです。早速申し込もうと思っています。抽選で1名様だそうです。どうせなら10名くらいにプレゼントしてくれたら良いのにねぇ。

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

■Reference
ワールド☆レコーズ
2足歩行ロボットプレゼント!

posted by 若旦那 at 15:34 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も見ました ロボットバトル
あの反則に近い Big久武 はどうかとも思いましたが、マジンガアは なかなか健闘してくれました。
確かに、重たくなればいろいろ負担が出てきて不利な部分もありますが、あまり動かない「マチ」戦法とかに徹すれば、
かなり重量を 特に下半身に重量を乗せるという方法も採れるわけで
これから そういうところを付いてくる出場者を減らすためにも 現状のルールでは甘すぎるような気もします
ちなみに 公式ルールは以下
http://www.robo-one.com/
そもそもが、勝敗ではなく 技術の向上が目的で いかに奇抜な動き、機体等を完成させるかが目的なのでしょうから
あまりF1のように縛りすぎても・・・という考えからなのかもしれませんね
でも、優勝100万円だもんなー
重量と 移動速度の制限は必要かも
Posted by rolice at 2005年01月17日 17:02
それから、来週もロボットバトルがありますね
「子供対決」らしいです

でも、3月に番組自体が終了する予定なんだよねー
Posted by rolice at 2005年01月17日 17:07
■roliceさんへ
3月で終わっちゃうのかぁ……。
でも、あの対戦は局の予想を遙かに超える盛り上がりを見せていますから、あのまま終了という形にはしないと思いますよ。
恐らく何らかの形でロボット番組が出来るんでは?と思います。

さてさて、ルールはあれで良いのか?というところに付いては、おおいに結構なんじゃ?と思います。
まだバリエーションが少ないので、大きい方が強いとか重い方が有利とかありますけど、攻撃方法がもっと多彩になれば、解決されるものと思います。
そして、その方が意外性があって面白い。
2足歩行(人間型ロボット)という縛りがある以上は、人間同士の戦いに似たものがあるように思います。そのうちバランスの良いところに収束するんじゃないかと。
Posted by 若旦那 at 2005年01月17日 19:22
予定では 久米宏氏の番組になるようです

ロボコンの方は 番組改編期に特番とかでやりそうですね。
ピンでのレギュラーでは 難しいかもね
Posted by rolice at 2005年01月17日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。