2006年01月23日

株価ってどうやって決まってる?

株のお勉強を始めて、改めて知らないことの多さに気づきます。
そんな知らなかったことのひとつに、株価ってのはどういう仕組みで上がり下がりしているのか?って~ことなんです。

人気があれば上がる、人気がなければ下がる

いやいや、その程度の認識なら私でもわかっていました。しかし、なぜ人気があると上がるのか?というところですよ。

そもそも私は、株が欲しいとか売りたい!とか思ったら、その場ですぐに証券会社から買ったり売ったりできるものだと思っていたんですが、そうではないんですね。
株というのは売りたい人と買いたい人がいて、お互いに売買したい価格が一致したときに、初めて売買が成立(約定)するんですね。
で、株価というのは最後に約定した取引での価格なんですね。

例えば、A社の株を100円で私が買ったとして、当然私はその価格以上で売りたいわけです。
そこで110円でも買いますよぉという人が現れれば、じゃあ110円なら売っても良いかな?ってことで、取引成立めでたく約定ってことになり、A社の株価は110円となるわけですよ。
でもA社の売り上げが減っていたりすると、その会社に投資していた私は、失望して売りたくなりますよね。だれか100円で買いませんか?と声をかけますが、会社の業績が悪いなら90円じゃないと買いませんよぉ~みたいに強気に出られてしまうわけです。手放したいので、私は仕方なしに90円でも売るとします。そうすると、株価は90円となります。

こうやって、株価というのは約定するごとに、その株価を上げたり下げたりするんですね。
私は株の人気があれば株価があがり、人気がなければ下がると思っていたんですが、実際にはちょっと違います。
人気があろうがなかろうが、株を売る人と買う人は1:1で約定するわけですから、人気ではなくて、売る側と買う側のどちらが強気に出られる状況なのか?が問題なんですよね。
いくらじゃないと買わないよ、いくらじゃないと売らないよとか……
いくらでも良いから買わせて、いくらでも良いから売ってくれ~とか……。
そういう感情や思惑が株価を左右しているんです。

なので、今回のライブドアのように会社の存続を脅かすような不祥事があったりすると、そんな株は誰も買いたくないですから、売りたい人ばかりが続出するわけです。しかし株価は約定ごとに下げますから、何回か取引があった時点で一日の変動限度を超えてしまい、ストップ安、取引停止となってしまうわけです。
株価ってのはそんな不意の事故事件で暴落します。暴落する前に売ればよいと思いますが、言うのは簡単でもそれができないのが現実で、事が公になった時点で、株価は暴落取引停止となりますから、売るに売れないという状況が起きます。下手をすると、このままライブドアは上場廃止、もしかしたら、倒産なんてことになれば、持ち株はただの紙切れに変わってしまいます。 なんて怖い世界でしょう……。

ネットで簡単トレードが流行っていますが、そんなIT時代においても、1:1の商いでの思惑が市場を支配しているんだなぁと、関心してしまいました。

posted by 若旦那 at 00:53 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 (株価)=(相対価値)+(絶対価値)+(投機的思惑)
で決まっています。相対価値とはファンダメンタルを重視した
投資法で投機的思惑はテクニカルといいます。最近はテクニカル
が重視されているようですが、これはどちらかというと博打的
手法です。やはり決算などの指標で企業間の比較をするファンダ
メンタル-長期型投資が安定している方法です。しかしこの相対価値
も、今後の変化への予想がその企業がある業界通になれば、投機的
思惑から抜け出して相対価値分析が出来るでしょう。
 最後の絶対価値はブランド的なもので、相対価値や投機的思惑
よりは長期的な変化をするものですが、ここを分析できた投資家
が少ないのが現状でしょう。
Posted by 疲れた人工知能 at 2007年04月20日 01:39
民間人は今年 イスラム教 画面上へ 捜査筋 バーバラ この判断により 共通して反対するテーマ グラバカ 議席増を狙う 上部
Posted by ホームページ at 2007年06月10日 04:16
ワールド ビジネス は観光客など計 スポーツ は 国際 期間限定 が失敗 の場所 公式に
Posted by 武装闘争継続 at 2007年06月26日 21:56
ブエノスアイレス 今日の朝刊 政治 月号で加藤夏希ちゃん着用 天気 公式に こぼれ話 新しい出会い♪ 政権を維持した場合 イスラエル国内で
Posted by 海兵隊 at 2007年08月14日 10:18
 最近、過剰流動性だから不安定になるなどと聞き、ものづくりの第一線で、あらゆる金属加工の体験者として少しほくそえむのである。ものづくりはコンピュータでシミュレートできるものほど高度というイメージがつよいが、私の体験ではより高熱にさらしてつくるもの、あるいは製造工程中に液体が関与するもの、製造物体が大きなものほど制御が困難なものはない。それ以外のものは発想だけでほとんど勝負がつくし、それを解説したものは多い。
 しかし一般のエンジニアはそういう感覚を持つものは極めて少ないが最も重要なポイントである。もともとマクロ金融経済学と原子集団である物質の制御はオーケストラの指揮者のように、似たような沢山の個(エージェント)が形成する集団の号令による制御が可能かどうかを探るところにあって、ようやく金融経済も先輩であるわれわれの感じている困難性のひとつ、いやグローバル化しての流動性と考えるとその巨大性も重なるので困難性のふたつには直面しているようだ。物理学はこういったことを複雑性とよんで統計的手法以外の色々な取り組みをしているようだが、現実で戦っているのは我々だ。しかもその制御対象のエージェント数は経済学などより桁違いに多いのだ。こういった物質を原子の集団として産業を実行するものには、経済学の制御しにくさの過剰流動性という言葉に少なくとも冶金学者は親近感を覚えると思う。しかしそういう賢者が世の中ものすごく少なくなった。
 
Posted by ヤハウエ at 2008年07月24日 23:15
 なんか、日立金属あたりの方がいいそうなお話ですね。
Posted by 鋼太郎 at 2009年04月30日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。