2006年01月26日

もしかしたら、もしかするよ……(ライブドア関連)

こんなタレコミいただきました。

フジテレビジョンの日枝久会長は26日午前、東京都内で記者団に対し、ライブドアの買収など同社への支援について「選択肢のひとつ。これから伸びていくと判断すれば、そういうこともあるかもしれない」と述べ、資本提携強化も選択肢に含め検討を進める考えを明らかにした。
スポーツ報知ホームページ

あはは、もしかしたら、もしかするかも知れませんねぇ。

もしフジが買収するとなっては、また株価は倍増する可能性高いですよ。
支援していくという言葉をどう捉えるかですが、買収しないまでも、フジが支援するという言い方をしたということは、日枝会長自身ライブドアをブランド力として「それなりに認めている」ということでしょうね。

今までは嫌々付き合ってきたフジテレビでしたが、大嫌いなホリエモン陣営のいなくなったライブドアですから、今度はフジ主導で事が進み始めれば、ライブドアは本当の意味で、強力なブランドとなりうる可能性がでてきました。

これは本当にもしかするかも知れない……ぞと。

さて、とっとと仕事すっかな(-。-)

posted by 若旦那 at 10:39 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月25日

ライブドア新社長

ホリエモンが逮捕され、ライブドアの新社長および新体制が発表されましたね。Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <ライブドア>平松社長、堀江ワンマン経営を批判

新社長は平松庚三さん。
平松さんというと、弥生会計という会計ソフトを販売していたインテュイットという会社の元社長さんです。
記者会見では今までのライブドアとはうって変わって、皆さんネクタイをして、しっかりした会社であることをアピールしている感じでしたね。
さて、これでライブドアはホリエモンから解放され、健全な企業へと変身したように一見感じますが……。
この平松さんという方は、確かかなりホリエモン贔屓だった方なのを何かのインタビューで見た事があります。ライブドアに吸収合併された時も、どちらかというと、大賛成&大喜びだったのを覚えています。
果たして、本当にホリエモンの呪縛から逃れられたのか、今後の動向が気になりますね。

先日トラバいただいた、みどりかわ@ミナロさんが「なぜフジテレビはライブドアを買収しにかからないのか?」というような事を話されていましたが、どうも今回一連の捜査で情報リークをしたのはフジテレビでは?という噂が流れています。あくまで噂ね。
フジテレビvsライブドアの時に散々いじめられて、結局業務提携という形で、渋々解決という形をとったわけで、恐らくフジの日枝さんは悔しくて悔しくて仕方がなかったんじゃないでしょうか。「絶対に仕返ししてやる!!」と誓ったとしたら、今回の強制捜査にフジが協力をしたという話しもあながちあり得ない話しではないですね。

考えてみれば、今回の報道に関しても、フジテレビはやけに情報が早いし、イケイケという雰囲気がひしひしと伝わってきます。

この先ライブドアがどこかに吸収合併されるというのが、おおかたの見方ですが、どこが買うのか非常に興味がありますね。
モルガンが??という話しもそこかしこで囁かれていますが、もし万が一ここでフジテレビが動いてきたりすれば、それことあっぱれ!!という結末になるんですがねぇ……。 ま、ないだろうなぁ。

あと、なぜあの熊谷氏だけ逮捕されなかったんでしょうかね、彼も情報提供者の一人だったんでは?という気がしなくもないですがどうなんでしょうねぇ。KOBE証券出身で特捜も危なくて手を出せなかった?なんて話しもあったりして……色々裏がありそうです。
いやぁ、この辺を追求しだすと、下手な小説よりもよっぽど面白かったりしますね。

ということで、まだまだ大どんでんがあるかも知れませんねぇ。 

posted by 若旦那 at 08:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月23日

株価ってどうやって決まってる?

株のお勉強を始めて、改めて知らないことの多さに気づきます。
そんな知らなかったことのひとつに、株価ってのはどういう仕組みで上がり下がりしているのか?って~ことなんです。

人気があれば上がる、人気がなければ下がる

いやいや、その程度の認識なら私でもわかっていました。しかし、なぜ人気があると上がるのか?というところですよ。

そもそも私は、株が欲しいとか売りたい!とか思ったら、その場ですぐに証券会社から買ったり売ったりできるものだと思っていたんですが、そうではないんですね。
株というのは売りたい人と買いたい人がいて、お互いに売買したい価格が一致したときに、初めて売買が成立(約定)するんですね。
で、株価というのは最後に約定した取引での価格なんですね。

例えば、A社の株を100円で私が買ったとして、当然私はその価格以上で売りたいわけです。
そこで110円でも買いますよぉという人が現れれば、じゃあ110円なら売っても良いかな?ってことで、取引成立めでたく約定ってことになり、A社の株価は110円となるわけですよ。
でもA社の売り上げが減っていたりすると、その会社に投資していた私は、失望して売りたくなりますよね。だれか100円で買いませんか?と声をかけますが、会社の業績が悪いなら90円じゃないと買いませんよぉ~みたいに強気に出られてしまうわけです。手放したいので、私は仕方なしに90円でも売るとします。そうすると、株価は90円となります。

こうやって、株価というのは約定するごとに、その株価を上げたり下げたりするんですね。
私は株の人気があれば株価があがり、人気がなければ下がると思っていたんですが、実際にはちょっと違います。
人気があろうがなかろうが、株を売る人と買う人は1:1で約定するわけですから、人気ではなくて、売る側と買う側のどちらが強気に出られる状況なのか?が問題なんですよね。
いくらじゃないと買わないよ、いくらじゃないと売らないよとか……
いくらでも良いから買わせて、いくらでも良いから売ってくれ~とか……。
そういう感情や思惑が株価を左右しているんです。

なので、今回のライブドアのように会社の存続を脅かすような不祥事があったりすると、そんな株は誰も買いたくないですから、売りたい人ばかりが続出するわけです。しかし株価は約定ごとに下げますから、何回か取引があった時点で一日の変動限度を超えてしまい、ストップ安、取引停止となってしまうわけです。
株価ってのはそんな不意の事故事件で暴落します。暴落する前に売ればよいと思いますが、言うのは簡単でもそれができないのが現実で、事が公になった時点で、株価は暴落取引停止となりますから、売るに売れないという状況が起きます。下手をすると、このままライブドアは上場廃止、もしかしたら、倒産なんてことになれば、持ち株はただの紙切れに変わってしまいます。 なんて怖い世界でしょう……。

ネットで簡単トレードが流行っていますが、そんなIT時代においても、1:1の商いでの思惑が市場を支配しているんだなぁと、関心してしまいました。

posted by 若旦那 at 00:53 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月22日

ライブドアショック

年始のご挨拶で、株の勉強を始めましたぁなんて書きましたが、奇遇にもそれにタイミングを合わせるように、ライブドアのホリエモンが大変なことをやってくれましたね。

今はネットでバーチャル取引という便利なものがあって、それで実際の株価を使用して株取引のシミュレーションをすることができます。K-ZONE TRADING DERBY

そこで、そのシミュレーションで万が一資産を倍にできたなら、実際に現金での株運用をして良いという許可が雨子から出たので、年始からバーチャルではありますが、資金倍増に向けてがんばっているところです。

そんな最中にライブドアショックですよ……。

練習ということもあって、いろんな株を購入しては値動きを観察していたわけですが、その銘柄の中になんとライブドアオートなんてもんを買っていたからさぁ大変ですよ。
年末から大々的にホリエモン自らCMに出演して、コマーシャルしていたし、ライブドアオート自体もそれほど酷い財務状況ではなかったので、年始に購入していたのでした。
あまり良い値動きはしていなかったので、そろそろ赤字覚悟で売ってしまおうか?な~んて話している矢先の出来事でした。

ひゃ~~~!!って即行でライブドアを成行き売りしましたが、次の日からいきなりストップ安連続(-_-;)
なんだなんだ?と思っていたら、今度は他の銘柄も軒並み下がり始め、あらあらと思っていると、所有銘柄全てが10%以上ダウンし、大慌てで全ての銘柄を投売り(-_-;)

ライブドアの損失もあわせると、2日程度であっという間に150万以上を失う結果になりました。
いやぁ、本物のお金じゃなくて良かったとマジで胸をなでおろしましたねぇ。

タイミング的に株を購入したばかりという人はもう絶対にやらない!と思ったでしょうねぇ。

現在はすでに暴落から値を戻し始めていて、逆に金儲けの大チャンスです。
株は生き物で、年に何度かこういう外部からのニュースによって、株価が暴落することがあるそうです。
そしてその暴落は外部要因で株価が下がっているわけですから、当然株価は外部要因の解決と時間の経過とともに正常な株価に戻っていきます。
正直な話、この暴落時の反発のみを狙って投資すれば、そこそこの儲けを得ることができそうですよねぇ(^^ゞ

posted by 若旦那 at 19:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月09日

今年もどうぞ宜しくお願いしますm(__)m

謹賀新年2006-s.jpg

あけましておめでとうございますm(__)m
今年は直筆のご挨拶にしてみました。

って、、ちょっと遅いんですけどね(^^ゞ
ちとバタバタしてまして、しばらく更新が停滞してしまいますが、ご愛敬で宜しくです。

今年は去年末からお勉強を始めた株に挑戦したいと思っています。
年金も年々あてにならなくなってきていている事もあり、年金型の保険やらなにやら色々入ってはいるのですが、不安一杯の所があるので、ここはいっちょお勉強をして、株運用で貯蓄を増やしつつ老後を過ごせたら、楽じゃん!てな発想ですね(^。^)

ということで、今年もぼちぼちマイペースでやっていきますので、よろしくお願いします!

posted by 若旦那 at 17:54 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。