2005年01月31日

またまた気になるCM

先日そんぽ24のCMのお話をしたばかりですが、まあ、あれは子供達の間で流行っているといった程度でしたが、大人的な目で一押しのCMがこれです。

A氏:ところで、Apeosの方はどう?

B氏:かなりいいですねぇ。  いいよねぇ。

C氏:走りますよねぇ(^_^;)

A氏:走らんよApeosは。   走らんよねぇ。

B氏:走らないでしょぉ〜(^。^)

A氏,B氏:あははは〜〜〜\(^_^)/

オリジナル動画はこちらから

もうね最高です。

このほかにゴルフ場バージョン、シンポジウム会場バージョンとあり、C氏はあれこれ想像しつつ、探りを入れるんですが、ことごとくトンチンカンな事を言ってしまい、恥をかくというシナリオ。

結局CM中ではアペオスが何であるか?という説明は一切無く、視聴者には「いったいなんなの?」という疑問だけを残すという、ごく最近流行りだしたパターンのCMですね。

「○×って何作ってるの??」とか、「○×って何の会社??」とかね。

結局CMの中では語られず、自分で調べてみるまで分らない。興味の無い人には擦りもしないけども、興味のある人は「なんだろうなぁ」と調べる。ネットなどで検索すると、さらに詳しい紹介があり「そういうものかぁ」と分るようになっている。インターネットがここまで浸透したから成せる手法ですね。

恐らく15秒では伝えきれないであろう内容を伝えるには、インパクトのみを伝えて好奇心に訴え、細かい説明は見てくれた人にのみ伝えられる。ある意味、時間のエコロジーです。

で、結局アペオスってのは富士ゼロックスの新しい複合機の名前なんですが、まぁ色々とシームレスに書類を管理できて便利だよぉという製品。
うちの会社のような弱小企業には到底導入できそうにない製品だったりします。
でも図面を沢山管理する商売だから、導入すればかなり楽になるだろうなぁとは容易に理解できますね。

てことで、アペオスが分らなかった方、分りましたか?
明日からこれでアペオス通です。
会社に言ったら、同僚にこう言ってあげましょう!

「アペオスってすごいよねぇ!!」 と……\(^_^)/

続きを読む
posted by 若旦那 at 20:41 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきなり体調不良でダウン……風邪か?

金曜の夜から喉が痛かったにも関わらず、土曜日にサッカーの練習に行ったら、別段悪寒がするわけでもなく、結構平気じゃんとか思っていたら、日曜日になり、いきなりダウン……(T_T)

朝から下痢は凄いし、吐き気はするしで、大変な状態。

日曜日は朝からママさんサッカーの試合の予定が入っていて、応援団長として応援に行くはずだったのが、ドタキャン。

件の試合の方は、どうやらトーナメントで2位に食い込む好成績だったようで、なにより。

今日もどうにか仕事には出てきているけども、なんかぼ〜〜〜っとしちゃってて、機械をぶつけやしないかと、ひやひやしております。

こんな状態で仕事に出てきても、平気で“これとこれ、マシニングでできない?”と仕事を増やしてくれる社長の神経の図太さには驚くやら呆れるやら……。

とっとと仕事終わらせて、逃げなきゃ殺されるぅ。

posted by 若旦那 at 10:52 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月28日

我が家の流行CM Part2

我が家では常に何かしらのCMが流行っている。

ランランル〜〜〜〜って・・・(-_-;)ランランルー病が拡大中の二つのエントリでお話ししたとおり、以前はランランルーが流行っていた。

で、最近は何か?というと。

これですよこれ。

−−−−>>

続きを読む
posted by 若旦那 at 19:11 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(2) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月26日

納期何時頃になりますか?

今日、下請けの業者(仮に☆さんとします)に簡単な品物の発注をしました。

図面に「注文です。 納期は何時頃になりますか? 連絡ください」とだけ書いて、FAXしました。

それから間もなく☆さんから電話が入り……

☆さん「納期なんですけどぉ。 なに?なんじごろって……」

私「いや、あの……いつごろって書いてありません?」

☆さん「ああ! いつごろって書きたかったのかぁ。 いや、なんじって書いてあるからさぁ」

私「だから、いつ(何時)って書いてあるでしょ?」

☆さん「いや、なんじ(何時)って書いてあるよ。 頼むよ若旦那ぁ〜」

私「それ……いつごろって読みません?」

☆さん「うそぉ? そうなの? ワードでも出てくる?」

私「出てくると思いますけど……(-。-) ボソッ」

あまりに自信ありげに言われたもんで、不安になってパソコンで変換してみたりして。
そしたら、“いつ”だと“何時”で変換されるけど、“いつごろ”だと“いつ頃”って変換されるんですよね。いつごろは何時頃とは書かないんだろうか……。

こんどから紛らわしいから“いつ頃”って書こうっと(^。^)

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

posted by 若旦那 at 15:14 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 愚痴、たわごとなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月25日

サッカーの監督の話

密かにサッカー&スポーツカテゴリを追加

土日月と3日間連続でサッカーをやっているせいか、体のあちこちが痛くて、仕事をするのに苦労をしていたりします。

さて、子供のために始めたサッカーなのに、なぜか私の方がサッカーをやっている時間が長かったりする訳ですが、そんな私のサッカークラブの監督がサッカーの本を出しています。

少年サッカーからW杯まで―目からウロコのサッカー論
泉 優二

文芸春秋 2002-05
売り上げランキング 144,669
  by G-Tools

そんな監督の紹介をAmazonから抜粋

内容(「BOOK」データベースより)
サッカーというスポーツの本質は、運動能力の劣った選手のプレーにこそ表れる―。二十六年前、東京・大田区で初の少年サッカークラブを創設し、日々の指導を通して獲得したサッカー理論。映画、バイク、サッカーと三つの監督経験を持つ著者ならではのユニークな考え方は、サッカーを真に理解するためのキラーパスだ。そして、あなたの日韓ワールドカップの見方を変えてしまうかもしれない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
泉 優二
1946年東京生まれ。19歳で映画監督を志す。ラジオ、テレビの脚本家、ラジオのDJなどをしながら小説家になるまで、30種以上の職業を経験。76年、東京・大田区で初めて少年サッカークラブを設立する。その後、バイクの世界グランプリに関わり、映画、バイク、サッカーと三つの監督をつとめながら小説などを発表

実はこんな監督の経歴を、つい先日まで知らずにサッカーを教わっていました。
監督やコーチは土、日、月と子供達にサッカーの指導をしていて、いったい本業では、どんな仕事をしているんだろうなぁと思い、チームに古くから在籍している方に聞いてみると、どうも本を書いているらしいとの話。
ならばということで、泉優二の名前で検索を掛けてみると、でてくるでてくる小説の数々。
しかし、その殆どがなんとバイクをメインにした小説ばかり。その検索の中にちらほらとサッカーの本も混じっていました。その中で、一番最近に執筆した本が上でご紹介した本という訳です。

で、この監督さん、指導方法がとてもいいんです。
とかくサッカーの練習というと、技術練習や基礎体力向上などを重視するようなメニューが多かったりしますよね。たとえば、ランニングとか筋力トレーニング、パス練習やフェイントの仕方などなど、私も高校の時はこういった練習ばかりで、ちっともサッカーというものをやっていなかった覚えがあります。
しかし、うちのクラブでは、練習の半分以上をミニゲームをやっています。サッカーの戦術を理解するのにもっとも重要な練習がゲーム形式であって、みんなサッカーをやりたくてクラブに入ったわけだから、ゲームをやりながら楽しく上手になりましょうというスタンスです。

サッカーには技術や個人技や運動能力も大切かもしれないけども、もっとも重要なのが頭脳であって、その重要な部分を体力のない幼年期に学ぶべきという監督の考え方には、私も非常に共感を覚えます。
先ほども書いたように、私も高校時代サッカー部に所属していて、放課後部活が始まると、まず始めに多摩川の河川敷を一周10キロ近い距離を走らされました。その後、パス練習、フォーメーション練習があり、最後の方におまけ程度にゲームがありました。いや、下手をすると、ゲームする時間もなく練習を終わったことも、しょっちゅうでした。
とはいえ、当時部活の顧問はサッカーを熟知しているわけでもなく、フォーメーションの練習も今から考えると、訳分らないことをやっていた覚えがあります。
そんな練習方法に疑問を持っていた私は、当然サボり気味だし、顧問の先生から見たら、なかり不真面目な部員に見えたでしょうね。
顧問の先生は、根性とか忍耐とかという言葉が大好きで、レギュラーは当然より多く練習に出てきた者からとなります。なので不真面目な私はイレギュラーな訳です(T_T)

高校時代に泉監督のような方に指導してもらっていたら、もっとサッカーを好きになれたし、もっともっとサッカーをやり続けていただろうなぁと思ったりしました。

監督曰く、サッカーはどんな人にも楽しめる遊びなんだそうです。どんな人にもそれぞれ合うサッカースタイルがあり、ポジションがあり、楽しみ方があると。足が遅かろうが、テクニックがなかろうが、11人が協力しあって、一つのチームを作り上げるというところに、サッカーの楽しみがある。若い人にじゃ若い人の、年を取ってもそれなりのサッカーのプレイがある、年を取って体力で勝負できなければ頭で勝負すれば良い。年を取れば視野が広くなり、若い頃に見えなかったものが見えて来て、またサッカーの楽しみが変わってくる。

こんな話を聞き、ますますサッカーが全世界で親しまれているのは、当然だよなぁと思いました。

そんなこんなで、いつの間にかサッカーにひっぱり込まれている若旦那でした(^_^)b

(てなことをいいつつ、あまり対外試合は増やして欲しくなかったりします。体が持ちませんって)

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな
posted by 若旦那 at 23:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(5) | サッカー及びスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカーの試合がありました。

更新が滞っておりまして、せっかく見に来て頂いている方々、申訳ありません。

先週の土曜日にサッカーの試合がありました。

私の所属する……というか、子供が所属しているクラブが東京大田区の萩中サッカークラブというところなんですが。よりサッカーを理解し、子供と交流を深めようという目的で父母サッカーチームがあります。そこへなぜか私も参加しています。

で、今までは単純に子供達が練習している脇で、申し訳なさそうに玉回しや、シュート練習、ミニゲームなどをやっていましたが、これだけでは張り合いがないということで、他クラブとの練習試合を行いました。

前後半20分ハーフ。私のポジションは左ハーフ、としくん(成り行きで始めてしまった雨子弟)は右ハーフでした。
私は今までの運動不足が祟ったのか、その前の週が雨で練習できなかったのが災いしたのか、前半20分を走るのが精一杯の状態で、とてもサッカーを楽しめる状況じゃぁありませんでした(´ヘ`;)

思いの外相手の当たりや、寄りが早く、自由にボールをコントロールさせてくれなかったのも疲労を助長させたのかなぁとも思ったり……。

そんなこともあってか、全体的な展開が右寄り。

右奥にボールが行って、折り返しをFW、CMF二人で待ちかまえ、私がこぼれ球フォローという形が殆ど。本来なら逆をやりたいところが、なぜか私はDFのカバーに忙しく、上がる暇がないままに疲れ果てて、上がるチャンスを逃すという悪循環orz

そんなこんなで散々なサッカーだったんですが、結果の方は1−0で勝ちました。といっても、なんだか成り行きでたまたまシュートできる場所にボールが行って、入ったなぁという感じで、いまいちでした。

実はもう10分ハーフだけあったんですが、私があまりに疲れてる様子だったらしく、ベンチに引っ込みました(´ヘ`;) 結果は1−0で負けてました(・_・) オイオイ

もっとあのフォーメーションで練習しないと駄目だなぁ。
あんなにDFのフォローしてたら、体が持たないもんな。っていうか、もっと体力付けろって奴か?

コーチ曰く、「20分ハーフなんだから、20分軽くジョギングできれば楽になるはず」なんだそうです。ということは、毎日20分ジョギングするだけで、楽になるのかなぁ……なんて思ったり。
でも、なかなか出来ないよな(-。-) ボソッ

posted by 若旦那 at 09:35 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー及びスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月21日

ドラクエ8ようやくエンディング

ちと仕事が忙しく、なかなか更新できなかったりしますが、しっかりとゲームだけは寝る暇を惜しんでやっております。

で、果たして今回はエンディングまで行くのか?!

と……周りからは挫折するであろう期待をされていた訳ですが、なんと!珍しいことにエンディングを迎えることが出来ました。

セーブデータによると、プレイ時間100時間以上、レベル47前後でした。

恐らく途中、大切なドクロの兜をタンバリンに使ってしまい、アイテム集めに苦労したのが、エンディングまで行けた原因のような気がします。
あのまま、アイテム集めをしていたら、まだまだ時間がかかったような……ていうか、終わらなかったかもしれません。

で、またドクロの兜を手に入れたら、アイテム集めの続きをやろうかと思います(^。^)

それにしても、エンディングがどこかで見たドラマのような展開で……なんだかなぁという気はしましたが、終始飽きさせないシナリオを用意してあり、さすがドラクエだなぁと思わせます。

これから裏ダンジョンへトライです。

posted by 若旦那 at 17:27 | 東京 ☀ | Comment(11) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月18日

ウイイレ遂にネット対戦対応!!

あのウイイレがとうとうネット対戦に対応して発売されます。

ウイイレ8ライエボウイイレ8発売の時に、対応なるか?と騒がれていた機能ですが、とうとうライブウェアエボリューションとして実現しました。

今までネット対戦はみんゴルだけでお茶を濁してきましたが、本命のネット対戦がとうとう本格的に目の前に迫ってきました。これで私のBBユニットも浮かばれるってもんです(^。^)

ネットワーク機能には、自分の勝敗データから、技術レベルを判断し、適正レベルの相手を容易に選ぶ機能が付いているそうです。

これで、全国のウイイレファンの対戦相手不足を一気に解消できますね。

ここんところに来て、私の唯一のウイイレ対戦相手である、雨子の弟君が、あまり遊んでくれないので(といっても9歳も年下なんですがね(´ヘ`;))、非常に寂しい思いをしていましたが、これで、寝る暇を惜しんでサッカー三昧と行けそうですよ。(また雨子に怒られそうですな〜)
Amazonで注文すると、なんと驚き、16%オフの¥6,156!!!
こりゃ今すぐ予約っしょ!!

ウイニングイレブン8 ライヴウエアエヴォリューション

コナミ 2005-03-03
売り上げランキング 8

おすすめ平均
遂にオンライン対応!
目玉^^
ついに!

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

posted by 若旦那 at 15:47 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月17日

ロボットバトル世界一決定戦、ようやく放送

去年ワールド☆レコーズで先延ばしになっていたロボットバトル世界一決定戦が、ようやく放送されました。

登場したロボットは以前大敗をしたマジンガアと、Robo-oneで無敵を誇るビッグ九武です。

マジンガアの方は操縦者の体力不足を、子供に操縦させるという方法で克服。見たところ明らかに動きが早くなっていました。操縦者が機敏になったのもありますが、恐らくモーターを変えたような気がします。

前回アフロにまさかの敗北した九武は、全体を巨大化させたビッグ九武を登場させました。大きくすれば、モーターへの負担は大きくなり、オーバーヒートを起こしやすいと思いますが、それはさすが九州大学ですよ、各構造部品にしっかりと肉抜きがしてあって、軽量化がされていました。
ああいう部品を見るたびに、うちで作ればもっと軽量化&強化できるよなぁと思ったりする(^^ゞ

肝心の勝負の結果は、マジンガアが粘りに粘ったものの、やはり九州大学強しといったところでしょうか、3−2でビッグ九武の勝ちでした。

で、注目は近藤科学のKHR-1をプレゼントするらしいです。早速申し込もうと思っています。抽選で1名様だそうです。どうせなら10名くらいにプレゼントしてくれたら良いのにねぇ。

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

■Reference
ワールド☆レコーズ
2足歩行ロボットプレゼント!

posted by 若旦那 at 15:34 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月15日

M1に見る巧の世界

先日のマジックのエントリのコメントで、KOuさんが「お笑いブームが来ると、必ずマジックブームもくっついてくる」と仰っていました。

確かに、今まさにお笑いブームまっただ中という感じで、お笑い番組だらけですね。

確かにマジックとお笑いというのは、とても似通った部分が多いですね。人を楽しませること、驚かせること、感心させることなどなど。

漫才ってその一つ一つがとても簡単そうに見えて、実は裏ではとんでもない努力をしていて、緻密な計算の元でシナリオ(ネタ)を書いているわけです。
そして、それを舞台で、さも今思いついたかのようなしゃべり口調で、百分台の絶妙なタイミングを駆使しつつ演じる訳ですよ、すんごい技術だと思います。

去年の暮れ、M1という漫才の一等賞を決めるイベントがありました。

どのコンビも素晴らしかったんですが、中でも「南海キャンディーズ」というコンビは、見た後、息子と二人でスタンディングオベーションでしたよ。

南海キャンディーズまずは風貌が異常なほど怪しいです。

まずは突っ込み役の山ちゃんこと山里亮太さんですが、雨子が誰かに似てるよねぇ……と一言。。。
そうそう、イジリー岡田ですね(^。^) 風貌はそっくりですが、出てくるボキャブラリーは雲泥の差がありますよ。

そしてボケ役はしずちゃんこと山崎静代さん。低い声で面倒くさそうにボケます。

東京では殆ど名前を知られていなかったコンビで、私もはじめて見ました。

でかくて太い声で、面倒くさそうにしゃべるしずちゃんと、甲高くて早くて、淡々としゃべる山ちゃんという、今までにない夫婦漫才のパターンです。総称して夫婦漫才というと、女性が騒いで男性が勢いで突っ込むとか、そういうのが多かった印象があるけど、このコンビはそういうんじゃない、なにか山ちゃんの愛情を感じる突っ込みが印象に残りました。

とにかく山ちゃんの突っ込みが素晴らしい。ボケ具合も凄い物があるけども、あのボケにはあれくらいの鋭い突っ込みが無いと、漫才としてはコントラストがはっきりしなくなって駄目なんだろう。
それも単純に突っ込みが鋭い訳じゃなくて、柔らかい中に鋭さがあるんですよ。
ボケをこけ落とすんではなく、優しい中にも、しっかりと突っ込みとしての落としどころを心得ています。

M1登場、初っぱながこんなでした

格好良く登場のポーズを決めた後、会場が静まりかえって、山ちゃんが一言
「その怒りの拳は、日本の政治に向けてくださ〜い!」

ここで、第一の掴みOK、そして

「小さい頃のあだ名はぁ?」
「しゃべる岩」
「……子供って時に残酷よねぇ〜」

これで見る人を、ほぼ二人の世界に引っ張り込んでいます。
この初っぱなの突っ込みなんかは、言葉選びが素晴らしいです。この言葉じゃなきゃ笑いようがないだろうと思います。本来なら滑るであろうボケを、ひっくり返す突っ込み、素晴らしすぎます。

ただ残念なのは、あのネタのクオリティを、最終戦にも持って行けなかったことですかね。確かに最終戦のネタもつまらない訳ではなかったけども、アンタッチャブルの勢いがありすぎでした。総合評価をするとアンタッチャブルが優勝は疑いようがありません。
もし、初戦のみで勝敗を付けるルールで、しかもアンタッチャブルが10年目で無ければ、南海キャンディーズが優勝だったと思います。

逆に、笑い飯のつまらなさ加減には閉口しました(T_T)
今回のM1の漫才の中で、もう見たくないなぁと思わせた唯一のコンビですね。
ちょっとM1ファイナルをバカにしすぎじゃないかと……。
もう少し面白いネタを持ってきて欲しかったですねぇ。

あのM1以降、南海キャンディーズをチェックしているんですが、なかなか出てきませんねぇ。
東京に本格的に進出してくるのは、いつなんでしょうか。

とても楽しみです!!


ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

posted by 若旦那 at 16:14 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月14日

最近ハマっているマジック

巷では最近マジックが流行っているようで、コンビニなどにも誰にも出来そうな手頃なマジックグッズが売っていたりします。

年末年始番組にも前田知洋さんがあちこちに出ていたりして、マジシャンは売れ出すと儲かるんだろうなぁなんて思ったりね。

で、マジックっていうのはマジックというくらいなので、必ずタネがあるわけですよ。絶対に魔法だったり超魔術だったりするわけではないんですよね。

以前私が雨子と結婚する前、マリックさんの超魔術の招待券をどなたかに頂き、二人で池袋のマイナーなホールへ行ったことがあります。
当初マリックさんは、ご自身をマジシャンとは言わず、超能力者というイメージで売っていました。私は以前からマジックというのに興味があったので、当然マリックさんも超魔術と言っておきながら、マジックだというのは確信していました。
ところが、雨子は違いました。あれは手品ではなく超能力と信じ、疑いませんでした。

そこで、私たちカップルの名物、問答が始まるわけですよ(^。^)

さすがに公演中は黙ってみていましたが、帰りがてら、マリックさんの種明かしをします。マリックさんのマジックの中にも、タネの分りそうな簡単な物もあり、あれはこうやってああやって……と説明しつつ、「ね、あれは手品でしょ?」と言うのですが、頑として超能力だと言い張ります(^。^)

まあ、そのときは、つまらないだ何だと文句を言われて別れた覚えがあります。

それから何年かして、マリックさんもマジシャンだということを公表するようになり、ようやくマジックとして見るようになったようです。
たしかマリックさんの種明かしをして、正体を暴いたのは、ナポレオンズでした。
何かの雑誌だか番組の企画で、マリックさんの超魔術をナポレオンズが再現するんです。で、やっぱりマリックさんもマジシャンだったというオチなんです。

でも、マジシャンにとって、種明かしはもっともやってはいけないタブーですから、当然マリックさんは怒りましたよ。あれ以来マリックさんはナポレオンズのお二人には、会っても会釈すらしてくれないそうです。
でもねぇ。マリックさん、マジシャンじゃなくて超能力者だって言ってたもんねぇ。超能力者にもタブーがあるなんて、ナポレオンズは知らなかったんでしょうね\(^_^)/

話がかなり逸れてしまいましたが、前出の前田さんですが、あんなにテレビに出て、マジックをやっていて良いんでしょうか?そりゃ引っ張りだこなのは分ります。でもマジックにはいくつかのタブーがあり、その一つが先ほどの種明かしをしないといもの。もう一つが同じマジックはやらないというものです。
確かに色んな人のマジックを見ていて、「もう一回やってください!」といっても、同じことは2度とやってくれません。なぜなら、同じ事をすると、タネがばれてしまう確率が格段に上がるからです。
マジックには、巧に人の心理の裏を付くトリックが仕掛けられています。その心理の裏を付くには、この先何をやるかが分っていると不都合な訳です。次に何をするか分っていれば、疑うべき箇所も限定されますから、2度同じマジックをやるということは、種明かしをするも同然なのです。

しかし、前田さんのような売れっ子になってくると、しょっちゅうTVに出るわけです。当然見たことのあるマジックを何度も画面に曝すことになります。感の良い人なら、同じマジックを2度見れば、タネが分ります。

マジックは楽しいので、マジックブームで沢山のマジックがTVで見られるようになり、嬉しい限りなのですが、こうも同じマジックばかりをやっていると、全国の視聴者にタネがばれてしまい、結果マジシャン自身の首を絞めているのでは?と心配になります。

マジックに興味を持って始めて知ったんですが、マジックにはそれぞれ名前が付いていて、その名前をオークションで探すと沢山のタネが売っていることが分ります。
こうやってタネを売ることで生計を立てているマジックショップなどもあるわけです。このマジックブームが過剰な種明かしにならなければ良いなぁと思います。

posted by 若旦那 at 15:41 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(1) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月13日

欲しいじゃないか!! ☆Mac mini☆

MacminiなんでもMacのちっちゃい版が出たとか。

右のがそれなんですが、「なにこれ?CDプレイヤーですか?」って感じですよね。

また雨子が読んだら怒られちゃうかなぁと思いながらも、一目見て「欲しい!!」となる製品ですね。

価格も5〜7万ということですから、Webするくらいしか使わなくなってきた家庭用のパソコンとしては、ベストチョイスですよね。

メモリが足りそうもないとか、HDDも増設ですか?とか色々突き止めていくとありますけど、一目見て欲しいと思わせる製品というところに好感が持てます。

欲しいけど……今はノートがいいんだよなぁ。

アップルさん、安いノートだしておくれよ。

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

■Reference
MSN-Mainichi INTERACTIVE
■TrackBack
夢幻の書: 小型Macintosh「Mac mini」[roliceさん]

posted by 若旦那 at 15:32 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(3) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月12日

非常に気になるVC3000のど飴のCM

私だけでしょうか?

天童よしみの「ナメたらあかん〜〜♪」の歌が印象的なVC3000のど飴のCMが、最近非常に気になって仕方がありません。

それは、似ているつもりで出ている子役が、単なるおデブさんなだけな訳ではなく……

なぜか最近犬まで出てきて、その犬は天童よしみと似ても似つかない、とかじゃなく……

あの歌ですよ歌。
あの歌の出だしの2拍目のベースの音おかしくありません?

ここ最近になって非常に気になるようになったので、伴奏が変わったんでしょうか?
それとも、私の耳がまだオカシイからなのか。
どうもコードに沿わない音が2拍目にだけ入っている気がするんですよ。

そうなの??って思った人は、是非あのCMの出だしをよ〜く聞いてみてくださいな。

なんでその音??って思います。

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

posted by 若旦那 at 15:11 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | TV・映画・エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮、長髪にするとバカになるって?!

またまた北朝鮮で信じられないお達しが出たらしい。
なんでも男性は長髪にするとバカになるから、5cm以内にカットしろというもの。

根拠は?というと、髪の毛を伸ばすと、その分頭髪に酸素を持って行かれてしまうため、脳に十分な酸素が行き渡らないということらしい。
ま、だれが考えても、あり得ない話なんだけども、これが本当にまかり通るのが北朝鮮という国なんだろうなぁ。

これを聞いたとき、すぐに御犬様の徳川綱吉を思い出してしまいました。
綱吉も後々、お馬鹿な将軍様として、有名になりましたけど、北朝鮮の将軍様も同レベルということでしょうか。

で、この話題が今朝のとくダネ!でも放送されていました。
そこで、小倉さんのコメント

「笠井君と……えぇ……私はバカで、 忠さんとデーブは大丈夫ってことですか?」

なぁんていっていましたが、言葉の途切れ方が、いかにも順番を間違えないようにしているようで、必死さが伝わってきました。

思わず、自分を長髪側に入れ忘れるところだったとか\(^。^)/

特に今日は前髪が上がり気味で、ちょっと上げすぎてないか?という感じだったので、出演者もスタジオもなんとも微妙な空気に包まれていました。

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

posted by 若旦那 at 09:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月11日

渋谷のゴールドラッシュに行きました

ゴールドラッシュ内装ハングリータイガーのハンバーグにくりそつという噂の、ゴールドラッシュにいってきました。

前回ハングリータイガーに行ってからというもの、日々いろんなwebやらBBSやらを見て、あのハンバーグがどうやって出来ているか?を探り続けていまして、大体こうなんじゃないか?という所までは分ってきました。

そこで、昨日たまたま渋谷へ行く用事があったので、ついでにビデオスタジオ脇にあるゴールドラッシュはどうなのさ?ということで、試食してまいりました。

ラッシュハンバーグええっとですね。右の写真がブツでございますが。

見た感じ殆どハングリーですね(^。^)
店員さんがトレーを持ってきて、タレをじゅ〜〜っとかけるところまで同じです。

で肝心なのは味です味。

ハンバーグの方はハングリーよりちょっと香辛料が強い感じで、焼き加減もはじめから開いて持ってくる所から、半生感が薄れています。
さらに、100%ビーフ&つなぎなしのハンバーグには、秘密のつなぎが入っているはずなのですが、恐らくゴールドラッシュのほうが、その秘密のつなぎが多いっぽい感じです。
これは、ハンバーグが冷えてきた時の固まり具合で分ります。ハングリーの方は、若干肉同士がバラバラですが、ラッシュの方は冷えてくると、ぎゅっと固まった感じになってしまいます。
個人の好みも大きいでしょうけど、私はハングリーのぼそぼそ感が好きです。

次にソースですが、ラッシュはカレーベースの様ですね。かなりカレーの匂いが漂っていました。が、辛さは内ので、カレーのルーから辛味香辛料を抜いた物+αで出来そうなソースという印象です。
ハングリーの方がソースに苦みがあり、恐らくタマネギを煮詰めていったような味わいで、これまたハングリーに軍配有りといった感じです。

ハンバーグ自体がそっくりということで、ハングリーと比べようという前提で行きましたから、こういった見方になってしまいますが、渋谷のあの場所で、あの味ならば、商売的にはかなり流行るだろうと思います。

まだ、何度も自分で作ったわけではないので、確信はないのですが、自力でこのハンバーグが作れれば、“製造業だめならこっちもあるでよ”という保険になりそうな予感をさせる逸品ですね(^。^)

やっぱり秘訣は秘密のつなぎの分量とソースって気がしますね。

posted by 若旦那 at 15:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | ちょっとグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月07日

やっと耳鼻科にいきましたよ

去年の暮れ、行きそびれた耳鼻科に昨日行ってきました。

「あぁ、やっちゃったほうがいいねぇ〜」という先生の言葉通りでした(T_T)

診察室で鼻を広げて見た先生は、「やっぱやっちゃいましょう!!」と元気よさげに、妙なマシンを引きずってきました。

話によると、鼻の中を焼くんだそうです。どういう仕組みになっているか分りませんが、長細いコテのような棒にコードが繋がっているマシンで行うようです。

「あのぉ先生……。 これ、やる前になにか、心構えとかいりますかね??」

「そうねぇ、かなり……いるねぇ」

げ!!! ( ・_・;)  マジですか…… しかも、「かなり」の後の間(マ)が怖い

なんて言っている間に、鼻の中に麻酔を湿らせたガーゼを“にゅ〜〜〜”っと、かなり奥まで入れられ、しばらくすると、「麻酔かけますからねぇ」の一言で、鼻の中に注射を“ぶすぶす!!”っと数カ所(T_T)
途中、麻酔の注射器の口元が外れてしまい、麻酔液が“ぴゅ〜〜!!!”と飛び散り、顔から服から、真っ黄っ黄になってしまう。
ただでさえ、緊張しているのに、このおかげで一気に背中が脂汗でびしょびしょになってしまった(´ヘ`;)

「じゃあ、ちょ〜っと我慢してねぇ」 

の軽い一言で先生は、先ほどのコテを鼻に持ってきます。
まさか、それを全部は入れちゃわないよなぁ……と思っていたら、150mmはあろうかというコテを、鼻の中へ“ずず〜〜〜〜”と入れて行くではありませんか!!

その後、“じじじ〜〜〜”という音……、焼いているんだろうか……。

たまに、ビリビリと痛む。 というより、こんなに奥まで棒を突っ込んで、大丈夫なんだろうか?

そんな不安な時間が10分ほど続いたでしょうか。 ようやく処置が終わりました。

横のベッドで15分ほど横になった後、鼻の中を掃除してもらい、診察室を出ました。

変に緊張して力が入ったからか、首筋から背中にかけてが、えらく痛いです。

あんなにぐりぐりとやられて、血が出ないはずもなく、鼻が詰まるので、かんでみると凄い血。
それでも、だら〜〜っと垂れてくることはなく、もっと奥の方に血が溜まるようで、鼻が詰まって仕方ないです。

これで何日かすれば直るのかなぁ??と気持ちをなぐさめながら、仕事をしています(T_T)

ランキングに参加しています。
気が向いたら押してくださいな

posted by 若旦那 at 16:03 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月06日

さらに驚きのグランツーリスモ4!!

昨日エントリーのグラツー4ですが、ゲーム内で写真を撮り、それをUSB経由で色々出来ることが今更ながら分りました。

これを使うとかなり良さげな絵を作れます。

カメラ、車(モデル)を自由に置く事ができ、本物のカメラさながら、アングルや構図、ピント合わせ(AF、MFあり)、絞り、シャッタースピードなどなどを変えながら写真を撮ることが出来ます。

さらに、その写真データは保存可能で、USBメモリへ転送したり、プリンタを直接PS2につなぎ、プリントすることが可能です。

なので、自分が走ったレースをリプレイで酔いしれるという、今まで通りの楽しみ方の他に、今度はカメラで写真を撮り、さらにプリントして“いいだろう!! すごいだろう!!”と自慢出来ちゃったりするわけですよ。

で、早速写真を撮ってみました。 これです!!とお見せしたいのですが、いかんせんUSBメモリとやらがありません(´ヘ`;)

どうしたもんだろう?と思っていると、名案が\(◎o◎)/
去年密かに購入していたカラリオMe!があるじゃぁありませんか。
これを使ってみない手はありませんよ。
説明書には対応機種とかはインターネットで確認とかありましたけど見てません(^^ゞ

実はこのブログでお勧め!ってやろうと思っていたんですが、 買ったタイミングが悪く、非常に仕事で忙しかったもので、かけなかったという代物なんですよ。
それも、奮発してレア度の高いピンクバージョンを買っていたのに(T_T)
これでようやくご紹介できるってもんです。

ということで、早速つないで恐る恐るプリントスタート!

さて、動くのか心配して見ていると、「じ〜じ〜」となにやら動き出しました。
どうやら、無事に印刷できるらしい。

待つこと10数分、印刷し終わったのがこちら。

グラツー4写真



写真を撮った写真なのに、写真風に縁取ったりして(^^ゞ

黒と赤スカイラインがニュルブルクリンク、赤いロードスターがモナコ、フォーミュラカーはパリ市街地です。

近いうちにUSBメモリって奴を買ってきて、良いのが撮れたらブログに載せて行こうかなぁと思っています。

そんなこんなで、カメラ小僧でも遊べるようになっているグラツー4でした。
どうよどうよ、みなさん!

EPSON カラリオ ミー E-100


おすすめ平均 
なかなかいい
本当にびっくり!
手軽な
EPSON カラリオミーは、遊べるかも!!
低価格ながら写真並みのクオリティで印刷が可能なコンパクトプリンタ

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools



カラリオミー E-100P


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools



posted by 若旦那 at 16:03 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(1) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月05日

グランツーリスモ4、イイ!!!

実は年末にグランツーリスモ4を買いました。

まだドラクエが終わっていないというのに、他のゲームを買ったらまずいんじゃ??と思いながらも、根っからのドライブ好きなので、発売日に買ってしまいました(´ヘ`;)

まあ、特にブログに書くほどの特別な事はないなぁ、なんて思っていましたが、今日になって凄いことに気が付いてしまいました。

普段通りゲームをやっていて、何気なく設定画面をあれこれいじっていたら、画面の項目にプログレッシブの文字を発見。プログレッシブといえば、うちのでっかい方のTVにそんなロゴが入っていたような……。そうそう、前回TVが壊れた時に、周りの反対を押し切って買った、ちょっとリッチなTVがあるのでした。
「え??これって解像度あげられるの?」と思いつつ、でっかいTVにつなぎ変えて、プログレッシブに変更して、レーススタート!!。

うぉ〜〜〜!!!! すげぇ!!!

パソコン版コリンマクレーラリー顔負けの高解像度ですよ。
やっちまいましたよ、これでもう小さい画面には戻れないですよ。
わ〜〜い、うれしいなぁ…… どうすんのさ(T_T)

この画面でニュルブルクなんかをオールドカーで流したりすると、もう格別です。

ドライブ好きな方は、是非ハンドルコントローラと合わせて購入をお勧めします。

まじ、いいっすよ!

グランツーリスモ4


おすすめ平均 
ネット対応はしていません。
グランツーリスモ一般
車を愛する人の為のソフト!
やっぱりGTが一番!
買って損はしません!

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

GT Force pro


おすすめ平均 
今のところGT4専用!
ハイパワーなモーター
次出すときは左シフトverを
フォースフィードバックの強さ
必需品ですね

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

posted by 若旦那 at 19:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月03日

パパさんサッカーは大変だぁ(こうさぎ)

きのうは子がネするはずだったみたい。
きょうbaronの、ウソも"しないです。
baronは、
うちのK君がサッカーを始めたのを拒に、Baronも父母参加のサッカーチームに入ったことは以前お話した通りで、今も土日に仕事を調整している感は否めませんが(

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「Baron」が書きました。
posted by 若旦那 at 10:15 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー及びスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年01月02日

明けましておめでとうございます

no-title明けましておめでとうございます。

今年もまた、くだらないエントリにお付き合い下さい。

今年は元旦から実家で、肉まんを作って食べました。
家の肉まんの始まりは、あの有名な中華料理屋さんのニーハオでした。

私が小学生の頃だったか(20年ほど?)、家の直ぐ側に当時は珍しい、中国人の経営する中国料理屋さんができました。それがニーハオでした。
開店当初、店の造りが決して良いとは言えず、お客さんも全く気味悪がって寄りつかないんじゃ?という状態でした。

開店当日、そんなお店に入ってみると、出来合いのショウウィンドウには、小さめな肉まんが山になって積まれており、試しに10数個買うことにしました。
ところが、お店のご主人と奥さんは日本語が話せなくいらしく、お金の数え方もろくに分らない状態……。仕方がないので、私たちで合計を計算してあげて、幾らからだから、おつりが幾らで〜〜などという会話をしつつ買い物をしました。
もしかしたら、私が最初のお客さんだったかもしれませんね。ご主人は私たち家族の事を、覚えていてくれているでしょうか……。

そのとき食べた肉まんの味は忘れられません。
今でこそ、色々個性的やら本格的な肉まんが世に溢れていますが、あのころはコンビニの肉まんあんまんが普通でしたから、肉まんをかじると、なかから肉汁がどばぁ〜〜と出てきて、やけどをする様な肉まんは初めてでした。
で、その肉まんの皮が非常にもちもちして旨かった。中身もいいんですが、それよりも皮。なんとももちもちしていて、皮だけでも十分に食べられるんです。 確か桃饅とかいうあんこの入っていないやつも売っていたんですが、それも良い感じだったのを覚えています。

ニーハオでは、お店でも色々食べましたが、特にこれが旨い!という物は無く、この肉まんが一番おいしかったなぁという記憶があります。

その後、私は蒲田を引っ越してしまい、ふと気が付くと、ニーハオのご主人がTVに出ていたり、雑誌に出ていたり……かと思えば、店舗が増えていたり……(^^ゞ
いやぁ、TVのちからってのは凄いなぁと思いますねぇ。
実際そんなにめちゃくちゃ旨い店じゃないと思いますが、中国料理の先駆者としては、大成功なんだろうなぁと思います。でも、肉まんは旨かったですよ。今はどうか分りませんけどね。

引っ越してしまった関係で、ニーハオ肉まんが食べられなくなってしまったので、はて??と考えた結果、ならば自分で作れば良いんじゃね? ってことで、両親が作ってみたのが、我が家の肉まんの始まりって訳です。

皮はこだわっているだけあって、ニーハオを上回る出来で、こればかりは、どこにも負けないでしょうね。旨いですよマジで。
具のほうは、ニーハオの様に肉ばかりだと芸がないので、もっと色々入れてあります。
椎茸、タケノコはもちろんシラタキを細かめにした物とか、とにかく色々入ってます。
どちらかというと、ニーハオよりも、中華街で食べる肉まんの中身という感じです。

これを、写真にある皿のざっと5倍くらいは作りました。3皿までは皆で食べましたが、さすがにそれ以上は食べられませんでした。なので、残りは冷凍にして、後日食べられるように取ってあります。

んなわけで、正月元旦から肉まん以外、殆ど口にしていない我が家でした。
もうしばらく見たくありません(^^ゞ

posted by 若旦那 at 10:39 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。